いまさら聞けない?内線番号のかけ方

いつも会社で使っている電話機。

  • 外からの着信に応答することはできる
  • 着信に応答後、保留することもできる
  • 保留を近くの人に取り次ぐこともできる

しかし、ほかの内線番号はどうやって呼び出すの?

実は内線番号のかけ方がわからない。

そんな方も案外多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

受話器を上げて、内線番号をダイヤルするだけ

内線番号のかけ方は全然むずかしくありません。

  1. 受話器を上げる
  2. 相手の内線番号をダイヤルする

たったこれだけです。

(例)内線番号100から内線番号101を呼び出す

自分の内線番号は100、近くAさんの内線番号は101とします。

  1. 内線100の受話器を上げる
  2. 「101」をダイヤルする
  3. 内線101を呼び出す

実にかんたんですね。

受話器を上げて、内線番号をダイヤルするだけではかけられないこともある

ビジネスフォンの設定によっては「受話器を上げて、内線番号をダイヤル」でかけられないこともあります。

たとえば、受話器を上げた時点で外線を自動的につかんでしまう設定になっている時は、内線を呼び出すことはできません。

特定のボタンを押すことで内線にかけることができる場合もある

受話器を上げた時点では外線を自動でつかんでしまうが、あるボタンを押すと内線として発信できる場合もあります。

たとえば次のようなボタンです。

  • 内線ボタン
  • マイラインボタン

内線のかけ方は次のようになります。

  1. 内線ボタン(マイラインボタン)を押す
  2. 受話器を上げる
  3. 内線番号をダイヤルする

内線ボタンやマイラインボタンがなかったら?

内線ボタンやマイラインボタンがない場合は内線にかけることはできません。

潔くあきらめましょう。残念。

最後に

会社によっては内線番号にかけることが全くないケースも決して少なくはありません。

逆に内線番号にかけることができないと全然お話にならないこともあります。

内線番号のかけ方はとてもカンタンなので、かけた事のない方はこっそりと近くの電話機で練習してみましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280