かけてきた相手の発信者番号ごとにコーナーランプ色で着信を識別

かけてきた相手の発信者番号に応じてコーナーランプ色を変えることで、よりわかりやすく着信を識別します。

スポンサーリンク

コーナーランプ色で相手を識別

ビジネスフォン・PBXの短縮メモリに電話番号だけでなくコーナーランプ色を指定します。

この機能を利用できるビジネスフォン・PBXの機種は限られますがかけてきた相手を識別するにはとても便利な機能です。

短縮ダイヤルに登録できる項目例

  • 電話番号
  • 漢字名称
  • カナ名称
  • グループ番号
  • 着信音色
  • 着信方式
  • 着信先
  • コーナーランプ色

コーナーランプ色は最大8色程度まで

ランプ色は4色~8色程度まで用意されており、社員の携帯や各地の営業所、得意先等に応じてランプの色を分けることで、着信時の識別がより簡単になります。

コーナーランプ色の登録例

  • 【赤】社員の携帯電話
  • 【青】主要取引先
  • 【緑】仕入先
  • 【橙】別の事業所の代表番号
  • 【紫】銀行など

ナンバーディスプレイ契約をした電話回線もしくはISDN回線をビジネスフォン・PBXに収容する必要がある

外線着信時にかけてきた相手の電話番号を識別する必要があるので、ビジネスフォン・PBXには次のような電話回線を収容しておく必要があります。

  • ナンバーディスプレイ契約をしたアナログ回線
  • INS64回線
  • INS1500回線
  • ナンバーディスプレイ契約をしたIP電話(ひかり電話、KDDI光ダイレクト、050番号など

コーナーランプ色による着信識別の概要

1.短縮ダイヤルに登録している相手から外線着信する

短縮登録してある相手から外線着信します。

ビジネスフォン・PBXの短縮ダイヤルに登録している電話番号から外線着信します。

2.短縮ダイヤル登録時に設定したコーナーランプ色で着信点滅する

短縮登録時に設定したランプ色でコーナーランプが点滅します。

短縮ダイヤルを登録したときにあらかじめ設定したコーナーランプ色で外線着信点滅をします。

最後に

コーナーランプ色の識別着信ができるビジネスフォン・PBXはかなり限定されるかもしれません。

もし利用できる状況にあるのであれば、是非活用してみてください。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280