オフィスリンク~NTTドコモのFMCサービス~

NTTドコモが提供するFMCサービス【オフィスリンク】について説明します。

スポンサーリンク

NTTドコモが提供する全国型内線サービス

携帯電話を内線電話機として利用、FMCサービスグループ内での以下の通話が従来の従量課金ではなく、定額料金で行うことができます。

  • ドコモ携帯同士の通話
  • ドコモ携帯-固定電話(NTT東西)の通話
  • 固定電話(NTT東西)-固定電話(NTT東西)の通話

オフィスリンクで使用できる携帯電話の機種の制限はないので、自由に好きな端末を利用することが可能です。

オフィスリンクの概要

1.オフィスリンク回線とビジネスフォン・PBXを接続

Office Link(オフィスリンク)と既設のビジネスフォン、PBXを光回線もしくは専用線で接続します。

オフィスリンクとビジネスフォン・PBX間を光回線もしくは専用線で接続します。

オフィスリンクで使う光回線

  • Bフレッツ(ベーシック)
  • Bフレッツ(ビジネス)
  • 光プレミアム(エンタープライズ)

オフィスリンクで使う専用線

  • ATM
  • 広域イーサ

光回線、専用線でNTTドコモのIP電話網にあるオフィスリンクサーバとビジネスフォン・PBXを接続し、内線番号契約を結ぶことで、社内、社外を問わずに内線番号での定額通話を実現します。

2.NTTドコモのIP電話網のオフィスリンクサーバを経由してNTTドコモの携帯電話網と相互接続

NTTdocomoのIP電話網のオフィスリンクサーバを経由してNTTドコモの携帯電話網(FOMA)と相互接続する形になります。

NTTドコモのIP電話網にあるオフィスリンサーバを経由してNTTドコモの携帯電話網とビジネスフォン・PBXが間接的に相互接続される形になります。

3.オフィスリンクサーバを経由して各事業所間で内線番号をダイヤル、定額通話を実現

NTTドコモのIP電話網のオフィスリンクサーバを経由して各所の事業所(本社、支社、営業所、工場等)のビジネスフォン、PBXの配下の電話機が、各所の事業所間を内線番号で定額通話を行うことができます。

NTTドコモのIP電話網にあるオフィスリンクサーバを経由して各事業所間で内線通話、定額通話が可能になります。

  • 本社
  • 支社
  • 営業所
  • 工場

これらの事業所にあるビジネスフォン・PBXすべてにオフィスリンクを導入することでビジネスフォン・PBX配下の内線電話機から事業所間でも内線番号をダイヤルするだけで通話が可能になります。

定額通話なので通話料を気にする必要もありません。

4.オフィスリンク契約しているドコモ携帯同士も内線番号での定額通話が可能に

Office Link(オフィスリンク)の契約を結んでいる、携帯電話(FOMA端末)同士も、内線番号での定額通話が可能です。

オフィスリンクの契約を結んでいるドコモ携帯同士でも内線番号をダイヤルしての定額通話が可能になります。

5.ドコモ携帯と固定電話間でも内線番号での定額通話が可能

Office Link(オフィスリンク)の契約を結んでいる、携帯電話(FOMA端末)と、各所のビジネスフォン、PBXの配下の電話機の間でも、内線番号での定額通話が可能です。

オフィスリンクの契約を結んでいるドコモ携帯とビジネスフォン・PBX配下の固定電話間でも内線番号をダイヤルしての定額通話が可能です。

最後に

オフィスリンクは外出先~社内間の通話や、出先同士の連携を取ることが多いお客様であれば、使えば使うほど今までの従量課金形式に比べてお得になります。

オフィスリンク導入後はオフィスリンクの契約範囲内の通話であれば、時間に関係なく定額料金で通話ができるので、工夫次第では新しい業務形態を構築することも可能です。

オフィスリンク導入後の利用方法について、社内で一度ディスカッションしてみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280