サーバータイプのビジネスフォン、PBX~19インチラックに搭載することを目的としたビジネスフォン、PBX~

サーバータイプPBX

ビジネスフォン、PBXの本体装置は単独で設置するタイプ(スタンドアローン)が主流です。

ビジネスフォン、PBXに接続する内線電話機や外線の種類が多岐に渡る昨今では、次のような回線を接続する機会が増えてきています。

  • ひかり電話、KDDI光ダイレクトなどのIP電話
  • インターネットVPN、IP-VPNを利用した専用線
  • 有線、無線LANに接続するIP電話機

これらの回線や電話機を接続するためにはビジネスフォン、PBXだけでなく次のようなネットワーク機器が不可欠です。

  • 光回線を接続するONU
  • ADSL回線を接続するADSLモデム
  • ブロードバンドルータ
  • スイッチングHUB

これらのネットワーク機器をビジネスフォン、PBX周辺に設置しなければならない訳ですが、なんだかゴチャゴチャしそうな感じですよね?

スポンサーリンク

19インチラックにビジネスフォン、PBX、ネットワーク機器をまとめて搭載

従来のスタンドアローンタイプと異なり、19インチラックに搭載するサーバータイプのビジネスフォン、PBXもあります。

このサーバータイプは19インチラックに搭載しやすい形状になっています。

19インチラックマウント金具で19インチラックに簡単に搭載できるようになっていて、従来のスタンドアローンタイプに比べてとてもコンパクトに設計されています。

サーバータイプのビジネスフォン、PBXを19インチラックに搭載するメリット

  • ビジネスフォン、PBXの本体とネットワーク機器をまとめて収容できる
  • ケーブル整理用のオーガナイザーをラックに取り付ければ、ケーブルの整理も簡単
  • 機器の騒音防止になる
  • ホコリがたまりにくいので機器の状態が悪くなりにくい
  • 19インチラックは前面は扉、側面、背面は簡単に取り外せるパネルになっているためメンテナンス製が高い
  • 扉を施錠できるのでセキュリティ面も安心
  • 19インチラック内に機器やケーブルが隠れるので外観が良い

サーバータイプのビジネスフォン、PBXはIP系の仕様に向いている

このサーバータイプのビジネスフォン、PBXは従来のレガシー系の機能もサポートされていますが、元々はIP系の機能向けに作られています。

IP系とレガシー系の大きな違いは内線電話機の違いです。

IP系は有線、無線LANを使ったIP内線電話機

例えば内線電話機を全てIP電話機にしてしまえば、ビジネスフォン、PBXからはスイッチングHUBに対してLANケーブルを1本接続するだけで済んでしまいます。接続するIP電話機の台数は関係ありません。ビジネスフォン、PBX本体のサイズはIP電話機の台数に影響を受けないので、サイズが大きくなることはありません。

レガシー系は電話線を使ったいままで通りの電話機

逆にレガシー系の電話機であれば、電話機の台数に応じたケーブルを接続する必要があります。接続する台数に応じてビジネスフォン、PBXに実装するパッケージの数も増えます。ということはパッケージの実装数に応じてビジネスフォン、PBX本体のサイズも当然大きくなりますよね?

最後に

昨今発売されているビジネスフォン、PBXは小型化が進んできており、取替え前と取替後では大きく姿を変えることが多々有ります。

特にスタンドアローンタイプのビジネスフォン、PBXの小型化はメリットがある反面、デメリットもあります。

ビジネスフォン、PBXの小型化のメリット

  • 取替え後はビジネスフォン、PBXの設置スペースが減ったので部屋が広くなった
  • スペースが余分にできたので他に物が置けるようになった

ビジネスフォン、PBXの取替後のデメリット

  • 取り替える前はビジネスフォン、PBXの筐体が大きかったため、上にネットワーク機器類を置けていたが、取替後は何も置けなくなってしまった
  • ビジネスフォン、PBX取替前はきれいに収まっていたケーブルが、取替え後はケーブルを隠しきれなくなってしまい見た目が悪くなった

上記のようなケースでも設置スペースさえあれば、サーバータイプと19インチラックの組み合わせで、今まで以上にすっきりとさせることが可能です。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280