システムパーク保留・転送~システム全体で使用するパーク保留ボタンを多機能電話機のファンクションキーに割り付けて使用~

システムパーク保留ボタンを使って、保留・転送を行います。

目次

スポンサーリンク

システムパーク保留ボタンに保留

システムパーク保留・転送は多機能電話機のファンクションキーにシステムパーク保留ボタンを割りつけて使用します。

通話中にシステムパーク保留ボタンを押すとボタンに通話が保留されます。

グループパーク保留ボタンのように複数のグループ分割はできない

システムパーク保留ボタンはグループパーク保留ボタンのように複数の保留グループに分割することはできません。システム全体で共有して利用することになります。

システムパーク保留での保留操作概要

1.相手と通話中

相手と通話しています。

内線電話機で通話をしています。

2.通話をシステムパーク保留する

保留ボタンを押すと、空いているシステムパーク保留ボタンに自動的に保留されます。

多機能電話機の保留ボタンを押すと、空いているシステムパーク保留ボタンに自動的に保留されます。

あるいは空き状態のシステムパーク保留ボタンを直接押すことで、そのボタンに通話が保留されます。

通話が保留されたシステムパーク保留ボタンは遅い点滅状態となります。

システムパーク保留後に口頭で転送

1.システムパーク保留中に近くの人に取り次ぐ旨を伝える

システムパーク保留ボタンへ保留中に、近くの人に口頭で保留の件を伝えます。

システムパーク保留ボタンへ保留中に、近くの人に口頭で保留を取り次ぐ旨を伝えます。

2.転送先の相手の人が保留中のシステムパーク保留ボタンを押して保留に応答、通話する

近くの人は、システムパーク保留中の遅い点滅状態のシステムパーク保留ボタンを押すことで、保留していた相手との通話状態となります。

近くの人はシステムパーク保留中の遅い点滅状態のシステムパーク保留ボタンを押すことで、保留していた相手との通話状態となります。

システムパーク保留後に内線番号をダイヤルして転送1(ダイヤル後の口頭転送)

1.システムパーク保留中に転送先の内線番号をダイヤル

システムパーク保留ボタンへシステムパーク保留中に、転送先の内線番号をダイヤルします。

システムパーク保留ボタンへシステムパーク保留中に、転送先の内線番号をダイヤルします。

2.内線呼出された内線が応答すると内線同士の通話になる

内線呼出された内線電話機が応答すると、内線同士の内線通話状態になります。

転送する相手の内線電話機が内線呼出に応答すると、内線同士の内線通話状態になります。

3.転送相手の内線がシステムパーク保留ボタンを押して保留に応答・通話になる

保留の件を伝えられた相手が、システムパーク保留中のシステムパーク保留ボタンを押すことで、保留していた相手との通話状態となります。

保留の件を伝えられた相手が、システムパーク保留中のシステムパーク保留ボタンを押すことで、保留していた相手との通話状態となります。

システムパーク保留後に内線番号をダイヤルして転送2(転送先内線応答後のダイヤル転送)

1.グループパーク保留中に転送先の内線番号をダイヤル

グループパーク保留ボタンへグループパーク保留中に、転送先の内線番号をダイヤルします。

システムパーク保留ボタンへシステムパーク保留中に、転送先の内線番号をダイヤルします。

2.内線呼出された内線が応答すると内線同士の通話になる

内線呼出された内線電話機が応答すると、内線同士の内線通話状態になります。

転送する相手の内線電話機が内線呼出に応答すると、内線同士の内線通話状態になります。

3.取り次ぐ旨を伝えてから転送ボタンを押すと転送先の内線と保留中の相手との通話になる

保留の件を伝えてから、転送ボタンを押すと、転送先の内線とシステムパーク保留中の相手との通話状態になります。

保留を取り次ぐ旨を伝えてから転送ボタンを押すと、転送先の内線とシステムパーク保留中の相手との通話状態になります。

システムパーク保留後に内線番号をダイヤルして転送3(転送先内線応答なしでのダイヤル転送)

1.システムパーク保留中に転送先の内線番号をダイヤル

システムパーク保留ボタンへシステムパーク保留中に、転送先の内線番号をダイヤルします。

システムパーク保留ボタンへシステムパーク保留中に、転送先の内線番号をダイヤルします。

2.転送先の内線の応答を待たずに転送ボタンを押して受話器を下ろす

転送先の内線の応答を待たずに転送ボタンを押して受話器を下ろします。

内線番号をダイヤル後、転送先の内線の応答を待たずに転送ボタンを押して受話器を下ろします。

3.転送先の内線が受話器を上げて応答すると保留相手との通話になる

転送先の内線が受話器を上げて応答すると、システムパーク保留中の相手との通話状態になります。

転送先の内線が受話器を上げて内線呼出に応答すると、システムパーク保留中の相手との通話状態になります。

最後に

システムパーク保留ボタンはグループパーク保留ボタンの補助的な位置付にある機能です。

グループパーク保留で部署ごと、階ごとなどの一定のグループ単位で設定後、システムパーク保留ボタンで全内線共通の保留ボタンとして運用するというようなかたちになります。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280