ダイヤルボタンのプッシュ信号を受信!「PB信号受信パッケージ」の4つのまとめ

PB信号受信パッケージは、局線や内線電話機からのPB信号 (プッシュ信号) を受信するための基板です。 PBレシーバーともいいます。

スポンサーリンク

【1】PB信号 (プッシュ信号) とは?

高群周波数 (Hz)
1209 1336 1477 1633
低群周波数

(Hz)

697 1 2 3 A
770 4 5 6 B
852 7 8 9 C
941 * 0 # D

PB信号 (プッシュ信号) とは、電話のダイヤルボタンを押すときに聞こえる「ピポパポ・・・」といった音のことを指します。

このPB信号 (プッシュ信号) は、高群周波数と低群周波数を合成して作り出され、ダイヤルするボタンごとに異なります。

ダイヤルボタンの 1 を押した場合

高群周波数 (Hz)
1209 1336 1477 1633
低群周波数

(Hz)

697 1 2 3 A
770 4 5 6 B
852 7 8 9 C
941 * 0 # D
  • 高群周波数 1209Hz
  • 低群周波数 697Hz

ダイヤルボタンの 8 を押した場合

高群周波数 (Hz)
1209 1336 1477 1633
低群周波数

(Hz)

697 1 2 3 A
770 4 5 6 B
852 7 8 9 C
941 * 0 # D
  • 高群周波数 1336Hz
  • 低群周波数 852Hz

このPB信号 (プッシュ信号) をビジネスフォン・PBXが受信できなければ、いくらボタンを押しても何の動作もすることはありません。

【2】ビジネスフォン・PBXがPB信号 (プッシュ信号) を必要とする場面

プッシュ信号の一般内線電話機から電話をかけるとき

ダイヤル種別が「PB」もしくは「MF」になっている一般電話機から電話をかけるときに、PB信号受信パッケージが必要になります。

  1. 内線100の受話器を上げて、101とダイヤル
  2. 101とダイヤルされたPB信号を、PB信号受信パッケージが受信
  3. PB信号の内容を判別後、内線101を呼び出す

プッシュ回線契約のアナログ回線を使って電話をかけるとき

ビジネスフォンに収容しているアナログ回線 (プッシュ回線) を使って、外線発信するときにPB信号受信パッケージが必要になります。

  1. 内線電話機から0発信でアナログ回線を捕捉する
  2. 相手の電話番号をダイヤルする
  3. 相手の電話番号をダイヤルした内容のPB信号を、PB信号受信パッケージがアナログ回線に送出する

PB信号のLD専用線、OD専用線を使って電話をかけるとき

回線種別を「PB」に設定しているLD専用線、もしくはOD専用線を使って電話をかけるときにもPB信号受信パッケージが必要になります。

  1. 内線電話機から専用線発信特番で、LD/OD専用線を捕捉する
  2. 相手の番号をダイヤルする
  3. PB信号受信パッケージが、相手のダイヤル内容のPB信号を、LD/OD専用線パッケージに送出する

ビジネスフォン・PBXに内蔵しているボイスメールを利用するとき

ビジネスフォン内蔵ボイスメールにアクセスして、音声ガイダンスに従って操作をするときにもPB信号受信パッケージを使用します。

  1. 内線電話機からボイスメールにアクセスする
  2. 音声ガイダンスに従って操作をするときに、PB信号受信パッケージからPB信号を送出する

アナログ回線のダイヤルインの着信を受けるとき

アナログ回線のダイヤルイン着信のときにも、PB信号受信パッケージが必要になります。

  1. xx-xxxx-1111のダイヤルイン番号に着信する
  2. 1111というPB信号を受信する
  3. 1111を受信したらビジネスフォンの設定により内線1000に着信させる

PB信号を受信するための回路は、CPUパッケージにも内蔵で4回路程度実装されていますが、電話機や外線、専用線の数に応じて、PB信号を受信するための回路も増やす必要があります。

そのようなときに、PB信号受信パッケージをビジネスフォン・PBXに追加で実装するわけですね。

【3】PB信号受信パッケージ1枚あたりの回路数

  • 4回路
  • 8回路
  • 16回路

【4】PB信号受信パッケージによく付けられる型番

  • PBR
  • PBRT

最後に

PB信号 (プッシュ信号) は受信するときに一時的に使用するだけのものなので、外線、内線と同じ数だけの回路が必要というわけではありません。

電話をする頻度にもよりますが、PB信号を使用する内線、外線の合計に対して1割~2割程度のPB信号受信用の回路が確保してあれば、まず問題ないでしょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280