チェックアウト ~ビジネスフォン/PBXのホテル機能~

チェックアウトは、ホテルに宿泊されたお客様が宿泊を終えて、ホテルを出る時に行います。

チェックアウトするときも、チェックインしたときと同じように、ビジネスフォン・PBX及びホテルシステムが連動します。

それでは、順番に説明していきましょう。

スポンサーリンク

ビジネスフォン・PBXの チェックアウト の動作概要

【チェックアウト その1】チェックアウトするとビジネスフォン・PBX、およびホテルシステムが連動します

チェックアウト その1 チェックアウトするとビジネスフォン/PBX、およびホテルシステムが連動します

チェックインと同じようにチェックアウト操作を行うと、ビジネスフォン・PBX及びホテルシステムを通じて各端末が連動します。

【チェックアウト その2】チェックアウトすると、ルームインジケータのランプ状態が変わります

チェックアウト その2 チェックアウトするとルームインジケータのランプ状態が変わります

チェックアウトすると、客室の状態をランプ状態で表示するルームインジケータのランプ状態が変わります。

チェックイン状態のランプ状態から、チェックアウト状態のランプ状態へと変わり、次は部屋の清掃を行うことになります。

【チェックアウト その3】チェックアウトすると、客室電話機の外線発信が規制されます

チェックアウト その3 チェックアウトすると客室電話機の外線発信が規制されます

チェックアウトすると、客室電話機から外線への発信が規制されます。

【チェックアウト その4】チェックアウトすると、客室状態変更用端末にチェックアウト状態が通知されます

チェックアウト その4 チェックアウトすると客室状態変更用端末にチェックアウト状態が通知されますチェックアウトすると、客室状態変更用端末にチェックアウト状態が通知され、端末内でその客室はチェックアウト状態として認識されます。

【チェックアウト その5】チェックアウトすると、通話料金の精算を行います

チェックアウト その5 チェックアウトすると通話料金の精算を行います

チェックアウトすると通話料金の精算を行い、該当する客室の宿泊期間中の通話料金はリセットされます。

次にチェックインすると再度、課金なしの状態からスタートします。

【チェックアウト その6】チェックアウトすると、ボイスメールへのアクセスが規制されます

チェックアウト その6 チェックアウトするとボイスメールへのアクセスが規制されます

チェックアウトすると、ボイスメールへのアクセスが規制されます。

ただし、ボイスメールに保存されている内容は、次に上書きされるまでは、残されることが多いようです。

チェックアウトを取り消す場合

チェックアウト予定だったお客様が急遽、チェックアウトを取り消して、チェックアウト日を延期する場合には「チェックアウト取消」の操作を行います。

【チェックアウト取消 その1】客室のチェックアウトを取り消します

チェックアウト取消 その1 客室のチェックアウトを取り消します

フロントスタッフがチェックアウト予定だったお客様から、チェックアウトの取消を承ります。

【チェックアウト取消 その2】フロント受付端末にて、チェックアウト取消の操作を行います

チェックアウト取消 その2 フロント受付端末にてチェックアウト取消の操作を行います

チェックアウト取消を承ったフロントスタッフは、フロント受付端末にて、チェックアウト取消の操作を行います。

すなわちチェックインの延長です。

【チェックアウト取消 その3】チェックアウトが取り消され、引き続きチェックイン状態が継続されます

チェックアウト取消 その3 チェックアウトが取り消され、引き続きチェックイン状態が継続されます

チェックアウト取消操作をおこなうと、チェックアウト処理が取り消され、チェックイン状態が継続されます。

最後に

このようにチェックアウト操作をされると、通話料金の精算とともに、各種機能が再び規制されていく様子が見て取れます。

チェックアウトされた客室は室内の清掃を行い、清掃完了後、再度チェックイン前の状態、つまり空室(ベーカント)状態へと戻ります。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
336×280