チェックイン ~ビジネスフォン/PBXのホテル機能~

ビジネスフォン/PBXのホテル機能の1つにチェックインがあります。

チェックインをすると、ビジネスフォン/PBXとホテルシステムはどういった処理を行うのでしょうか?

順番に説明していきましょう。

スポンサーリンク

チェックイン その1 宿泊時はまずはチェックインからはじまります

チェックイン① 宿泊時はまずはチェックインから始まります

ホテルに宿泊に来たお客様は、まずはフロント受付にてチェックインの手続きをする必要があります。

ホテル側はフロント受付端末でチェックインの処理を行います。

チェックイン その2 チェックインするとビジネスフォン/PBX、およびホテルシステムが連動します

チェックイン② チェックインするとビジネスフォン/PBX、およびホテルシステムが連動します

フロント受付端末でチェックイン処理が行われると、ホテルシステム用ホストコンピュータ及びビジネスフォン/PBXを経由して、その配下の機器に情報が伝達されます。

フロント受付端末はホストコンピュータの配下で動作する端末なので、ビジネスフォン/PBXへはホストコンピュータを経由して情報が伝達されます。

チェックイン その3 チェックインするとルームインジケータのランプ状態が変わります

チェックイン③ チェックインするとルームインジケータのランプ状態が変わります

チェックインするとルームインジケータのランプ状態がチェックインを示す状態へと変わります。

ルームインジケータは客室の状態を表示するための機器で、空室、チェックイン、チェックアウト、清掃中、清掃完了などの状態をランプで表します。

チェックイン その4 チェックインすると客室電話機の外線発信規制が解除されます

チェックイン④ チェックインすると客室電話機の外線発信規制が解除されます

客室電話機はチェックインされるまでは外線発信が規制されています。

チェックインされることではじめて外線発信の規制が解除されます。

チェックイン その5 チェックインすると客室状態変更用端末にチェックイン状態が通知されます

チェックイン⑤ チェックインすると客室状態変更用端末にチェックイン状態が通知されます

客室状態変更用端末は客室ごとに様々な設定を行う端末です。

客室ごとに外線発信を規制したり、2つの部屋を1つとして扱うコネクティングルームの設定をしたり、着信を規制したりと、他にも多くの設定を行うことができます。

チェックインすると、この客室状態変更用端末にチェックイン状態が通知されます。

チェックイン その6 チェックインすると通話料金の課金を開始します

チェックイン⑥ チェックインすると通話料金の課金を開始します

チェックインすると該当する客室電話機の通話料金の課金を開始します。

課金情報はビジネスフォン/PBXで管理するのですが、課金状況を確認もしくは印字するときは通話料金管理用端末を使用します。

チェックイン その7 チェックインするとボイスメールへのアクセスが可能になります

チェックイン⑦ チェックインするとボイスメールへのアクセスが可能になりますチェックインするとビジネスフォン/PBX配下に接続されたボイスメールサーバへのボイスメールアクセスが可能になります。

チェックインされるまではボイスメールの利用は規制された状態になっています。

このようにチェックインという1つの操作を行うだけでホテルシステム、ビジネスフォン/PBXに接続された様々な機器が連動してることがわかります。

ホテルシステムには他にも空調管理システムやVOD(ビデオ・オン・デマンド)、ケーブルテレビといった様々なシステムが連動するようになっていますが、これらに関してはビジネスフォン/PBXには直接的には関係してこないのでここでは割愛させていただきます。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280