ドアホン(インターホン)用の基板~ビジネスフォン・PBXにドアホン(インターホン)を接続するための基板~

ドアホン用の基板(パッケージ)はビジネスフォン・PBXにドアホン(インターホン)を接続するときに必要となる基板です。

スポンサーリンク

ドアホン(インターホン)のボタンを押すと多機能電話機を呼び出せる

ビジネスフォン・PBXに実装したドアホン用の基板(パッケージ)にドアホンを接続すると、ドアホンと多機能電話機間で通話ができます。

  • ドアホン(インターホン)のボタンを押すと多機能電話機のベルが「ピンポーン」と鳴動する
  • 「ピンポーン」と鳴った多機能電話機の受話器を上げるとドアホン(インターホン)との通話になる

ドアホン(インターホン)は基板から接続するだけとは限らない

ドアホン(インターホン)はビジネスフォン・PBXの機種によっては接続のしかたが異なることがあります。

ビジネスフォン・PBX~ドアホン間の接続には次のようなタイプがあります。

  • ドアホン用の基板(パッケージ)からドアホン(インターホン)を接続する。
  • ドアホン用の基板(パッケージ)ではなく、ドアホンを接続するための専用アダプタにドアホン(インターホン)を接続。専用アダプタは多機能内線用の基板(パッケージ)に接続する。
  • ドアホン専用の基板ではなく、構内放送(ページング)、外部音源入力なども接続できる複合基板(パッケージ)からドアホン(インターホン)を接続する。
  • 小規模容量タイプのビジネスフォン、あるいはホームテレホンであれば、筐体のバックボードに最初からドアホン接続用の回路を実装していることがある。そのドアホン接続用の回路からドアホン(インターホン)を接続する。

基本的にはビジネスフォン・PBXの機種ごとに適合したドアホン(インターホン)を接続する

ビジネスフォン・PBXに接続するドアホン(インターホン)は基本的にはそれぞれの機種、メーカーごとに推奨しているものを使用します。

推奨されていないドアホン(インターホン)を接続したい場合は一度ビジネスフォン・PBXのメーカーに問い合わせして動作可能かどうかの確認を行いましょう。

ドアホン用の基板(パッケージ)1枚あたりに接続できる台数

  • 1台
  • 2台
  • 4台

ドアホン用の基板(パッケージ)によく付けられる型番

  • MISC
  • DPH
  • DOPH
  • DHCU

最後に

ドアホン(インターホン)はどちらかというとビジネスフォン・PBXとは別に設置しているケースのほうが多いかもしれません。

ビジネスフォン・PBXにドアホン(インターホン)を接続すれば、多機能電話機を複数同時に鳴らすことができるので、どこからでも手軽に応答できるというメリットが生まれます。これが意外と便利だったりするんですよね。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280