ナースコールシステムとは

ナースコールシステムとは実際にはどのようなものなのか?ナースコールシステムの概要について説明します。

スポンサーリンク

入院患者からの緊急呼出に対応

入院患者からの緊急呼出に対応

ナースコールシステムは病院や介護施設等の病室や、浴室、トイレ等、各所に設置されたナースコール呼出ボタン(ナースコール子機)を押すことで、ナースステーション(看護士詰所)に設置されているナースコール表示機(ナースコール親機)を呼び出すことができる、緊急時の呼出システムを指します。

ナースコール表示機(ナースコール親機)には各所のナースコール呼出ボタン(ナースコール子機)が設置されている場所の名称が盤面に表示されており、ランプ状態でナースコールの呼出元がひと目で確認できるようになっています。

備え付けのハンドセット(受話器)でナースコール呼出に応答することができます。

階ごとにナースコール親機を設置

階ごとにナースコール親機を設置

ナースコール表示機(ナースコール親機)は小規模な建物であれば、1つだけ設置するだけで事足りますが、大きな建物になると、1つのナースコール表示機(ナースコール親機)だけでは不十分なので、通常は階ごとに1つずつナースコール表示機(ナースコール親機)を設置します。

ビジネスフォン・PBXとナースコールシステムを連動させるには?

ナースコール連動をするには

ビジネスフォン・PBXとナースコールシステムを接続するためには、ナースコールシステム側と、ビジネスフォン・PBX側の双方に別途インタフェースを用意する必要があります。

ナースコールシステム側で必要となるインタフェース

  • ナースコール制御機

ビジネスフォン・PBX側で必要となるインタフェース

  • S点接続のBRIインタフェース
  • アナログ接続のNCIインタフェース
  • ナースコール連動に必要となるライセンス(製造メーカーにより異なります)

ナースコール制御機(ナースコールシステム側)とBRIインタフェース(ビジネスフォン・PBX側)を接続することで、ナースコールシステムとビジネスフォン・PBXをナースコール連動させることが可能となります。

ナースコール制御機の台数に応じてビジネスフォン・PBX側ではBRIインタフェースが必要となります。(システムの最大容量に制限があるので注意が必要です)

アナログナースコールとデジタルナースコール

ナースコールシステムには2種類のインタフェースが存在します。

古くから存在するのがアナログインタフェースのナースコールシステム(アナログナースコール)です。

現在主流となっているのがデジタルインタフェースのナースコールシステム(デジタルナースコール)です。

動作内容はほぼ同様となっているのですが、アナログナースコールはデジタルナースコール(デジタル信号で情報をやりとり)と違いアナログ信号で情報のやりとりを行うので、以下の点で注意が必要です。

  • ナースコール子機からナースコール呼出を行った際に、PHSの液晶画面に表示される名称の編集ができない
  • アナログインタフェース対応のビジネスフォン・PBXが現在ではほとんど存在しないので、別途アナログ-デジタル変換装置が必要となる(ナースコール制御機が兼用している)

呼出の名称はPHS子機の短縮機能を使用するか、ナースコール側のROM情報を事前に書き換えることで解消されることもありますが、デジタルナースコールのように自由に編集することは難しいです。(別途費用がかかります)

最後に

ナースコールシステムは病院や介護施設などで欠かせないシステムの一つです。

ビジネスフォン・PBXとナースコールシステムを連動させることで、各所からの緊急呼出を内線PHSで受けることが可能になるので患者と看護師(介護者)の双方の負担を減らすことができます。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280