ナースコール呼出の発信元名称設定~ナースコール呼出した子機の番号に短縮名称を設定、PHS着信時に表示させる~

ナースコール呼出の発信元の番号にPHS(ナースコール連動端末)本体の短縮機能を利用して、ナースコール呼出番号に名称を設定することが可能です。

スポンサーリンク

呼出元番号を短縮登録

ナースコール呼出を行ったナースコール子機の子機番号をPHS(ナースコール連動端末)に短縮として登録し、名称を設定することで、ナースコール呼出を受けた時に、その名称が液晶画面に表示されます。

この機能はナースコール子機の名称を設定することができない、アナログナースコールシステムで主に利用します。

デジタルナースコールシステムであれば、ナースコールシステム側でPHS(ナースコール連動端末)に表示させる名称を自由に設定することができるので、この機能を利用する必要がありません。

あくまでも、ナースコールシステム側で名称を設定することができないアナログナースコールシステムでのみ必要となる機能です。

(ただし、アナログナースコールシステムでも名称表示可能な場合もあります)

ナースコール呼出の発信元名称設定の動作概要

1.緊急呼出ボタン(ナースコール子機)の番号をPHSに短縮登録し名称を設定

ナースコール子機の番号をPHS(ナースコール連動端末)にあらかじめ短縮登録し、名称を設定しておきます。

ナースコール子機の番号をPHS(ナースコール連動端末)にあらかじめ短縮登録し、名称を設定しておきます。

短縮の登録はPHS子機本体の短縮ダイヤルを利用します。

ビジネスフォン・PBXの共通短縮やグループ短縮ではPHS子機に名称が表示されないからです。

緊急呼出ボタン(ナースコール子機)の設置場所

  • 子機番号01「1階トイレ」
  • 子機番号02「1階浴室」
  • 子機番号03「リハビリ室」

緊急呼出ボタン(ナースコール子機)からナースコール呼出したときの番号(PHS着信時に表示される番号)

  • 子機番号01「101」
  • 子機番号02「102」
  • 子機番号03「103」

PHS子機本体に登録する短縮の内容

短縮メモリ01
  • ダイヤル「101」
  • 名称「1階トイレ」
短縮メモリ02
  • ダイヤル「102」
  • 名称「1階浴室」
短縮メモリ03
  • ダイヤル「103」
  • 名称「リハビリ室」

2.緊急呼出用のボタン(ナースコール子機)が押される

1階トイレに設置してある緊急呼出用のボタン(ナースコール子機:子機番号01)が押されます。

1階トイレに設置してある緊急呼出用のボタン(ナースコール子機:子機番号01)が押されます。

3.PHS(ナースコール連動端末)が呼び出され、液晶画面に名称が表示される

PHS(ナースコール連動端末)が呼び出され、液晶画面に「1階トイレ」の文字が表示されます。

PHS(ナースコール連動端末)が呼び出され、液晶画面に「1階トイレ」の文字が表示されます。

最後に

この機能はアナログナースコールシステムを使っていて、なおかつ番号だけが着信時に通知される場合にのみ有効です。

数字以外の文字(英字、カナ文字)が着信時に最初から表示される場合はこの機能は利用できません。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280