ナースコール子機指定呼出~PHS子機から各所のナースコール子機を逆に呼び出す~

ナースコール親機に接続されているナースコール子機(部屋番号、ベッド番号)を指定して呼び出すことができます。

スポンサーリンク

PHSからナースコール子機を呼び出します

通常のナースコール呼出では各所の緊急呼出用のボタン(ナースコール子機)からナースコール親機もしくはPHS(ナースコール連動端末)を呼出します。

ナースコール子機指定呼出ではナースコール呼出とは逆にPHS(ナースコール連動端末)から病室、トイレ、浴室等に設置されている緊急呼出用のボタン(ナースコール子機)を呼出します。

ナースコール子機指定呼出の動作概要(PHSとナースコール子機が同一のナースコール制御機に所属している場合)

1.PHS(ナースコール連動端末)からナースコール子機指定呼出を行うとします

PHS(ナースコール連動端末)から病室201号室のベッド番号001のナースコール子機を呼出しします。

PHS(ナースコール連動端末)からナースコール子機指定呼出で病室201号室のベッド番号001のナースコール子機を呼出しするとします。

2.PHS(ナースコール連動端末)からナースコール子機指定呼出のダイヤル操作を行う

PHS(ナースコール連動端末)の受話器を上げた状態(オフフック状態)から「*」→「201」→「*」→001→「*」とダイヤルします。

  1. PHS(ナースコール連動端末)を通話ボタンを押した状態(オフフック状態)にする
  2. 「*」をダイヤル
  3. 「201」をダイヤル(病室201号室のこと)
  4. 「*」をダイヤル
  5. 「001」をダイヤル(病室201号室内のベッド番号001のこと)
  6. 「*」をダイヤル

3.ナースコール子機を呼び出して通話ができる

病室201号室のベッド番号001に設置されている緊急呼出用のボタン(ナースコール子機)を呼び出して、通話することができます。

病室201号室のベッド番号001に設置されている緊急呼出用のボタン(ナースコール子機)を呼び出して、通話することができます。

ナースコール子機指定呼出の動作概要(PHSとナースコール子機が異なるナースコール制御機に所属している場合)

1.PHS(ナースコール連動端末)から異なるナースコール制御機に所属しているナースコール子機を呼び出すとする

ナースコール制御機02に所属しているPHS(ナースコール連動端末)から、ナースコール制御機03に所属している病室302号室のベッド番号003のナースコール子機を呼出しします。

ナースコール制御機02に所属しているPHS(ナースコール連動端末)から、ナースコール制御機03に所属している病室302号室のベッド番号003のナースコール子機を呼出しするとします。

呼び出し元制御機

  • ナースコール制御機02

呼び出し元PHS

  • PHS(内線201)

呼び出し先制御機

  • ナースコール制御機03

呼び出し先ナースコール子機

  • 病室302号室、ベッド番号003のナースコール子機

2.PHS(ナースコール連動端末)から異なる制御機のナースコール子機指定呼出のダイヤル操作を行う

PHS(ナースコール連動端末)の受話器を上げた状態(オフフック状態)から「#」→「03」→「*」→「302」→「*」→003→「*」とダイヤルします。

  1. PHS(内線201)を通話ボタンを押した状態(オフフック状態)にする
  2. 「#」をダイヤル
  3. 「03」をダイヤル(ナースコール制御機03のこと)
  4. 「*」をダイヤル
  5. 「302」をダイヤル(病室302号室のこと)
  6. 「*」をダイヤル
  7. 「003」をダイヤル(病室302号室内のベッド番号003のこと)
  8. 「*」をダイヤル

3.異なるナースコール制御機に所属しているナースコール子機を呼び出して通話ができる

ナースコール制御機03に所属している病室302号室のベッド番号003に設置されている緊急呼出用のボタン(ナースコール子機)を呼び出して、通話することができます。

ナースコール制御機03に所属している病室302号室のベッド番号003に設置されている緊急呼出用のボタン(ナースコール子機)を呼び出して、通話することができます。

最後に

ナースコール子機指定呼出は実際にはほとんど使われることがない機能です。

とりあえずこういう使い方もできる、というくらいの認識でいいと思われます。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280