ビジネスフォン、PBXの「特番」っていったい何のこと?

ビジネスフォン・PBXに欠かせない「特番」ですが、この「特番」とは一体何?と思われる方もいらっしゃるかと思います。

スポンサーリンク

内線番号で例えると

たとえば内線番号10の場合、先頭の番号は「1」になります。

ビジネスフォンの設定で特番「1」を2桁内線として設定すると、次のようになります。

  • 内線10~19

内線特番のその他の設定例

特番20、4桁内線の場合

  • 内線2000~2099

特番100、3桁内線の場合

  • 内線100のみ

特番5、5桁内線の場合

  • 内線5000~5999

外線発信の定番特番は「0」

内線電話機から外線発信する場合、多くの会社では特番として「0」が使われます。

外線発信特番「0」の使い方

  1. 受話器を上げる
  2. 内線トーンが受話器から聞こえる
  3. 0をダイヤルする
  4. 外線トーンが受話器から聞こえる
  5. 相手の電話番号をダイヤルする
  6. 相手を呼び出す

他にも様々な特番があります

内線番号や外線発信だけでなく、ビジネスフォン・PBXでは様々な特番が使われます。

様々な特番の設定例

  • 代理応答 「#」
  • 短縮発信 「*」
  • 不在転送登録 「70」
  • 不在転送解除 「71」
  • 専用線発信 「8」

あくまでも設定例なので、実際の設定状況は各会社によって異なります。

最後に

ビジネスフォン・PBXの様々な機能を利用するためには1~9、*、#などのダイヤルボタンを組み合わせて特番を設定します。

多くの機能を利用するためには、その数だけ特番も必要となります。

計画的に特番を設計するように心がけましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280