ビジネスフォン、PBXはシステム容量に応じてラインアップが変わってくる

ビジネスフォン、PBXは接続する内線電話機の台数、及び収容する外線の本数、提供する機能に応じて製品のラインアップが変わってきます。

ビジネスフォンとPBXは基本的には使用目的を同じとしていますので、提供する機能も同じく似通っています。

ビジネスフォンとPBXを選ぶ基準としては次のようなものがあります。

  • 接続する内線電話機の台数
  • 接続する内線電話機の種類(多機能電話機、一般電話機、PHS、IP電話機、スマートフォンなど)
  • 収容する外線の本数
  • 収容する外線の種類(アナログ回線、INS64回線、INS1500回線、LAN直収のIP電話、専用線など)
  • 使いたい機能(ACD、CTI、ページング、ドアホン、ボイスメールなど)

とりあえずのところははシステム容量(接続する内線電話機の台数、収容する外線の本数)に応じて使い分ける、と考えていただいて問題ないかと思います。

スポンサーリンク

ビジネスフォン、PBXのシステム容量の目安

ビジネスフォンのシステム容量の目安

  • 内線電話機の台数は数台~500台程度まで
  • 収容する外線の本数は数本~200本程度まで

の範囲(ざっくりとですが)をカバーしている感じです。

ビジネスフォンの場合その中でも大きく分けて4種類のラインアップに分かれます。

ビジネスフォンのシステム容量に応じたラインアップ

  • 極小規模(内線:数台程度、外線:1~2本程度)
  • 小規模(内線:数十台程度まで、外線8本程度まで)
  • 中規模(内線:100台程度まで、外線数30本程度まで)
  • 大規模(内線:数300台程度まで、外線数100本程度まで)

例外としてはNEC製の「ASPIRE-UX」が挙げられます。

ASPIRE-UXの特徴

  • ビジネスフォン主装置本体をモジュール化、極小規模~大規模まで1ラインアップで実現可能
  • 多機能電話機もボタン数、ハンドセット、停電電話機などパーツの組み合わせでカスタマイズ可能
  • PBXクラスにも勝るとも劣らない数々の機能を搭載

NEC製のASPIRE-UXは他に類を見ない拡張性に優れた機種と言えるでしょう。

PBXのシステム容量の目安

  • 内線電話機の台数は十数台~数千台(1万台を超えることもあります)程度まで
  • 収容する外線の本数は数本~数百本(1000本を超えることもあります)程度まで

の範囲(これまたざっくりとですが)をカバーしています。

PBXの場合その中でも大きく分けて3種類のラインアップに分かれます。

PBXのシステム容量に応じたラインアップ

  • 中規模(内線:200台程度まで、外線数50本程度まで)
  • 大規模(内線:数千台程度まで、外線:数百本程度まで)
  • 極大規模(内線:数万台程度まで、外線数:1000回線以上)

メーカーや機種によってラインアップの容量は異なりますが、ざっくりとした基準として参考にしていただければと思います。

導入した時点でシステム容量が限界に達してしまうような機種はNG

ビジネスフォン、PBXを導入した時点でシステム容量を全部使いきってしまうと次のようなデメリットがあります。

  • 現在以上増設ができないので、既設の内線、外線でやりくりする必要がある
  • どうしても増設しなければならない場合はビジネスフォン、PBX本体を取り替える必要がある
  • 取り替えるにしてもメーカーの部品供給が終わっていれば、電話機も含めた全ての機器を取り替えなければならないことがある
  • システム容量MAXの状態で、高トラフィックで運用すると動作が不安定になることがある

ある程度将来の拡張性を考えた上で、ビジネスフォン、PBXを選ぶようにしましょう。

最後に

内線電話機の台数が300台から400台を超える規模になってきますと、ビジネスフォンではなくPBXを導入されるケースが増えてきます。

将来の拡張性、処理能力、システムの二重化、耐久性等を考慮するとPBXという選択肢にならざるを得ないのかもしれません。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280