ビジネスフォンで使ってるPHSやカールコードレスの着信鳴動が遅い

ビジネスフォン・PBXでPHSやカールコードレス電話機を使っているが、着信したときに実際にベルが鳴り始めるのが遅くて困っている。

そんなことはないでしょうか。

スポンサーリンク

無線なのでタイムライグが出るのは仕方がない

PHS(デジタルコードレス電話機)

PHSは子機に電波を飛ばすためのPHSアンテナが建物内の各所に設置されています。

PHSアンテナの電波状況に応じてPHSは最適な電波をキャッチします。

PHSに着信があると、ビジネスフォンからPHSまでは次のような信号の流れになります。

  • ビジネスフォン→有線→PHSアンテナ→無線→PHS

一方、有線の多機能電話機の場合は次のようになります。

  • ビジネスフォン→有線→多機能電話機

有線で信号の通信を行う多機能電話機であれば着信するとすぐに着信ベルが鳴動しますが、PHSの場合は無線なので、まずはPHSが電波圏内にあるかどうかを判別するところからから始まるのでどうしても着信鳴動にタイムラグが生じます。

複数のPHSを同時に鳴動させるときはさらにタイムラグが出る

複数のPHSを同時に鳴動させる設定をしているときなどは、さらにタイムラグが発生します。

(例)外線03-xxxx-xxxx着信時にPHS内線100~102を鳴動させる

  • 03-xxxx-xxxxに着信する
  • 内線100が鳴動する(1秒後)
  • 内線101が鳴動する(2秒後)
  • 内線102が鳴動する(3秒後)

このようにPHS子機が同時に鳴動し始めるのではなく、電波状況やデータの設定順などに応じてタイムラグが発生します。

カールコードレス電話機

カールコードレス電話機は多機能電話機の受話器部分がコードレスになっている電話機です。

親機部分までは有線で接続し、親機と子機(受話器)は無線での接続になります。

  • ビジネスフォン→有線→カールコードレス電話機(親機)→無線→子機(受話器)

着信すると親機部分はすぐに着信鳴動を始めますが、子機が離れた場所においてあると、子機が鳴動し始めるのは親機よりも少しあとになり、若干ですがタイムラグが生じます。

着信の多い電話受付業務にはあまり向かない

電話受付業務に注力されている場合には、着信鳴動にタイムラグのあるPHSやカールコードレス電話機はあまり向いているとはいえません。

着信鳴動にタイムラグが発生しない、有線の多機能電話機を選択するのがベストでしょう。

業務状況に応じて最適な電話機を選択するようにしましょう。

スポンサーリンク
336×280