ビジネスフォンと警備装置の接続パターン

ビジネスフォンと警備装置(SECOM、ALSOKなど)が何らかの形で接続に関係してくることがあります。

それぞれ別の電話回線を使っていれば、何の問題もないのですが、ビジネスフォンと警備装置で同じ電話回線を共用しているケースが少なからずあるからです。

その接続のケースについて説明します。

スポンサーリンク

アナログ回線をビジネスフォンと警備装置で共用

01-%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%83%ad%e3%82%b0%e5%b1%80%e7%b7%9a%e3%82%92%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%81%a8%e8%ad%a6%e5%82%99%e8%a3%85%e7%bd%ae%e3%81%a7%e5%85%b1

アナログ回線を警備装置を経由させてからビジネスフォンに接続します。

警備装置は電話回線をIN/OUTする仕組みになっているので、OUT側をビジネスフォンに接続します。

INS64回線をビジネスフォンと警備装置で共用(U点接続)

02-ins64%e5%9b%9e%e7%b7%9a%e3%82%92%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%81%a8%e8%ad%a6%e5%82%99%e8%a3%85%e7%bd%ae%e3%81%a7%e5%85%b1%e7%94%a8u%e7%82%b9%e6%8e%a5%e7%b6%9a

INS64回線を警備装置を経由させてからビジネスフォンに接続します。

警備装置を経由したINS64回線をU点としてビジネスフォンに接続します。

INS64回線をビジネスフォンと警備装置で共用(T点接続)

03-ins64%e5%9b%9e%e7%b7%9a%e3%82%92%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%81%a8%e8%ad%a6%e5%82%99%e8%a3%85%e7%bd%ae%e3%81%a7%e5%85%b1%e7%94%a8t%e7%82%b9%e6%8e%a5%e7%b6%9a

INS64回線をDSUで分岐させてから警備装置とビジネスフォンに接続します。

警備装置とビジネスフォンはそれぞれT点で接続します。

INS64回線をビジネスフォンと警備装置で共用(S点接続)

04-ins64%e5%9b%9e%e7%b7%9a%e3%82%92%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%81%a8%e8%ad%a6%e5%82%99%e8%a3%85%e7%bd%ae%e3%81%a7%e5%85%b1%e7%94%a8s%e7%82%b9%e6%8e%a5%e7%b6%9a

INS64回線をU点でビジネスフォンに収容後、INS64回線用パッケージのS点から警備装置に接続します。

INS64回線用パッケージに内蔵されたDSUを利用するわけですね。

ビジネスフォンの一般内線として警備装置を接続

05-%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%81%ae%e4%b8%80%e8%88%ac%e5%86%85%e7%b7%9a%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e8%ad%a6%e5%82%99%e8%a3%85%e7%bd%ae%e3%82%92%e6%8e%a5

ビジネスフォンの一般内線用パッケージの内線回路に警備装置を接続します。

一般内線として収容された警備装置は、ビジネスフォンに収容された電話回線を通じて警備会社と通信を行います。

ビジネスフォンのISDN内線として警備装置を接続

06-%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%81%aeisdn%e5%86%85%e7%b7%9a%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e8%ad%a6%e5%82%99%e8%a3%85%e7%bd%ae%e3%82%92%e6%8e%a5%e7%b6%9a

ビジネスフォンのISDN内線用パッケージの内線回路に警備装置を接続します。

ISDN内線として収容された警備装置は、ビジネスフォンに収容された電話回線を通じて警備会社と通信を行います。

最後に

何らかの形でビジネスフォンと警備装置が接続されているケースについていくつか紹介しましたが、次のような場合は関係ないので特に気にする必要はありません。

  • ビジネスフォンと警備装置で電話回線を完全に分けている場合
  • 警備装置を携帯電話で接続している場合
  • 警備装置をネットワーク接続している場合

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280