ビジネスフォンも夏場には注意!暑すぎるとシステムダウンしますよ!

ビジネスフォンも熱には注意

ビジネスフォンは基本的に常時稼働状態にあるため、パソコンやプリンタなどの機器に比べると耐久性に考慮されて設計されています。

しかし、他の機器同様、例に漏れず熱には弱いです。

夏場は特に熱対策に気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

熱を持つとビジネスフォンはどうなる?

ビジネスフォンはある程度の熱にも耐えられるように設計されていますが、あまりにも暑い環境が長時間続くとどうなるのでしょうか。

結論としてはシステムダウンします。

機器にもダメージが蓄積しますので、適切な温度環境を保つことがとても大切です。

基本はエアコンで冷やす

基本はエアコンで冷やす

基本的にはエアコンの効いた部屋で、室内全体を冷やします。

サーバールームなどの重要な機器類のある室内にビジネスフォンを設置し、エアコンの恩恵を受けられる状態にしておくことが一番理想的です。

季節に関係なく室内を一定の温度に保つ。どのような機器もそうですが、これが基本です。

できるだけ日の光を当てないようにする

できるだけ日の光を当てないようにする (1)

ビジネスフォン主装置にはできるだけ日の光を当てないようにしましょう。

長時間日の光を当て続けると、言うまでもなく相当な熱を帯びることになり、機器の寿命を縮めることになります。

扇風機で冷やす

扇風機で冷やす

エアコンがない、あるいはききが悪い場合はビジネスフォンの横に扇風機を置いて冷やしましょう。

ビジネスフォン付近に物を置かないようにする

ビジネスフォン付近に物を置かないようにする

ビジネスフォン付近に物を置いてしまうと、ビジネスフォンの排熱部分が塞がれて熱がこもってしまい、機器の故障の原因になることがあります。

ビジネスフォン主装置付近には必要な機器以外の物を置かないようにしましょう。(メンテナンス性も問題もあります)

最後に

ビジネスフォンを長く安定して使用するためには、ビジネスフォンの設置環境を整えることがとても重要になります。

基本はエアコンで冷やす、です。

最後までご覧頂きましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280