ビジネスフォン・PBXで通話予算を設定、予算を超えた通話は発信規制する

予算設定による発信規制
  • 内線電話機
  • グループ
  • ID

これらの単位ごとにそれぞれ通話予算を設定しておくことで、通話予算が上限に達した時に外線発信の規制を行います。

スポンサーリンク

通話予算以上は自動的に発信できなくする

内線電話機毎、グループ毎、ID毎に通話可能な金額(予算)をあらかじめ設定しておくことで、この通話予算を超えた場合には、強制的に発信を規制し、通話予算以上の通話を抑制することができます。

内線電話機毎、グループ毎、ID毎に通話可能な金額(予算)をあらかじめ設定しておくことで、この通話予算を超えた場合には、強制的に発信を規制し、通話予算以上の通話を抑制することができます。

例.内線電話機ごとの通話予算を設定した場合

内線10

  • 通話予算10,000円/月

内線11

  • 通話予算8,000円/月

内線12

  • 通話予算25,000円/月

例.グループごとの通話予算を設定した場合

グループ001[営業部](内線101~110)

  • 通話予算200,000円/月

グループ002[総務部](内線201~205)

  • 通話予算60,000円/月

グループ003[製造部](内線301~320)

  • 通話予算160,000円/月

例.ID番号ごとの通話予算を設定した場合

ID0001[Aさん]

  • 通話予算30,000円/月

ID0002[Bさん]

  • 通話予算24,000円/月

ID0003[Cさん]

  • 通話予算15,000円/月

最後に

通話料金がかかりすぎている部署やグループ、内線番号、IDに対して通話予算を設定することで、強制的に通話時間を短縮させることができるようになります。

状況に応じて通話予算をコントロールすることで、通話コストを無理なく削減することが可能です。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280