ビジネスフォン・PBXと電話機は基本的にはセットとして考える

ビジネスフォン・PBXは様々なメーカーから様々な機種が製造・販売されています。

スポンサーリンク

ビジネスフォン・PBXによって使用する電話機も異なる

ビジネスフォン・PBXの主装置は容量、機能によって様々な機種に分かれます。

機種が変わるとそれに付随する次のような機器も異なってきます。

  • 多機能電話機
  • DSSコンソール
  • PHSアンテナ
  • PHS子機
  • 中継台
  • ドアホン
  • 在席表示盤

違うメーカーのビジネスフォン・PBXでは端末の互換性がない

ビジネスフォン・PBXのメーカーが異なると、基本的には端末の互換性はまずありません。

例えばNTT製のビジネスフォン・PBXで使っていた電話機をHITACHI製のビジネスフォン・PBXで使うことはできません。

メーカー、機種が異なっても使用できる端末もある

ビジネスフォン・PBXのメーカー、機種に関係なく使用できる端末もあります。

  • 一般電話機
  • 自営標準のPHS子機(該当するビジネスフォン・PBXと動作検証のとれているもの)
  • ドアホン(該当するビジネスフォン・PBXと動作検証のとれているもの)

これらの端末はビジネスフォン・PBXのリプレース後も流用できるということです。

同じメーカーのビジネスフォン・PBXの違う機種同士で互換性のある端末もある

ビジネスフォン・PBXの機種が違っても、同じメーカーのものであれば互換性のある端末もあります。

  • 多機能電話機
  • DSSコンソール
  • PHSアンテナ
  • PHS子機
  • 中継台
  • ドアホン

この場合、新しいビジネスフォン・PBXの機種が古い機種の端末を流用できる、いわゆる下位互換になります。

やっぱり基本的には同じメーカーのビジネスフォン・PBXでも機種が異なると互換性がないことが多い

同じメーカーのビジネスフォン・PBXであっても機種が異なると互換性がなくなるケースのほうが多く見受けられます。

これはメーカーの製造スタンスによるところが大きいでしょう。

【製造スタンス1】過去のビジネスフォン・PBXのシリーズを継承して、互換性を保ちつつ新しい機種をリリース

基本的には過去に発売されているビジネスフォン・PBXの設計を継承して、端末の互換性を損なわずに新しい機種をリリースするというスタンスです。

このスタンスでリリースされたビジネスフォン・PBXはほとんどの端末を流用できることが多いので、リプレース時には電話機は流用、主装置のみ新しく更新する、ということも可能です。

【製造スタンス2】新しい機種ごとに全面的に設計を変更、あるいは全く別物の機種をリリース

ビジネスフォン・PBXをシリーズとしては考えていないケースです。

新しい機種のビジネスフォン・PBXを他のメーカーよりも短いスパンでリリースするが、互換性は全くないというスタンスです。

【製造スタンス3】過去のシリーズとは別に新しいシリーズのビジネスフォン・PBXをリリース

過去に発売していたビジネスフォン・PBXとは全く別の新しいシリーズのビジネスフォン・PBXをリリースした場合は、過去のシリーズの端末は基本的には流用できません。

流用できたとしても機能が制限されるケースが多く、あまり実用的ではありません。

最後に

ビジネスフォン・PBXは機種ごとに電話機などの端末もセットとして考えるのが一般的です。

しかし一部の機種では流用できるケースもあるので、どこまでが流用できて、どこまでができないのかの線引きをしっかりと把握しておくことも大切です。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280