ビジネスフォン・PBXにひかり電話を導入する

ビジネスフォン・PBXにひかり電話を収容して、電話料金を削減しましょう。

スポンサーリンク

ひかり電話なら元の電話番号がそのまま使える

ひかり電話はIP電話のひとつで、050番号のIP電話と同じようにIPネットワークを使用した電話回線です。

050番号とひかり電話の違いは次の通りです。

  • 通話品質が050番号のIP電話よりも良い(050番号は携帯電話と同等の品質、ひかり電話は通常の電話回線と同等の品質)
  • 050番号のIP電話はインターネットを経由するが、ひかり電話はひかり電話専用のIPネットワークを経由する
  • ひかり電話は普通の電話回線同様の0ABJ番号を利用できる

050番号との一番大きな違いはやはり元の電話番号が使えるという点ですね。

普通の電話回線に比べて月額料金と通話料金が安くなります

月額料金と通話料金が安くなりますひかり電話を導入する一番のメリットは月額基本料金と通話料金が大幅に安くなることでしょう。

月額基本料金が安い(光回線利用料は別)

  • ひかり電話オフィスタイプなら1番号3チャネルで月額1,300円[税別]
  • ひかり電話オフィスAなら1番号1チャネルで月額1,100円[税別]

ビジネスフォン・PBXに収容する本数が多いほど、普通の電話回線よりも月額基本料金がお得になります。

通話料金が安い

  • 国内への固定電話への通話料金は一律で8円/3分[税別]
  • 携帯電話への通話料金は16円~18円/60秒
  • アメリカはへの通話料は9円/60秒[税別]

遠距離や携帯、海外への通話が多ければおおいほど、ひかり電話を導入するメリットが高いといえます。

オプションサービスが安い

  • ダイヤルインサービス(通常の電話回線時:月額800円[税別])→ひかり電話:追加番号(月額100円[税別])
  • iナンバー(2番号時:月額300円[税別]、3番号時:月額400円[税別])→ひかり電話:追加番号(月額100円[税別])

通常の電話回線のダイヤルインやiナンバーといったサービスはひかり電話では追加番号というサービスに置き換わっています。

ひかり電話をビジネスフォン・PBXに収容するには?

ひかり電話をビジネスフォン・PBXに収容するには?
ひかり電話をビジネスフォン・PBXに収容するにはいくつかの方法があります。

  • アナログ回線変換用のVOIPゲートウェイからアナログ回線としてビジネスフォン・PBXに収容(アナログ接続)
  • ISDN回線変換用のVOIPゲートウェイからISDN相当の回線としてビジネスフォン・PBXに収容(BRI・PRI接続)
  • ONUからLANケーブルで直接ビジネスフォン・PBXに収容(LAN直収)

VOIPゲートウェイは音声とパケットの相互変換を行い、IPネットワークを経由して通話ができるように処理をしてくれる装置です。

どの接続方法が一番ビジネスフォン・PBXに収容しやすいかは、設置状況によって変わりますが、基本的には現状つかっている電話回線の収容方法に合わせる形になります。

  • 現状がアナログ回線ならひかり電話もアナログ回線に変換して収容
  • 現状がISDN回線ならひかり電話もアナログ回線に変換して収容

最後に

ひかり電話は現在もっとも多く使われているIP回線のひとつです。

既存の電話番号をそのまま利用でき、月額の料金が安くなる、ひかり電話の一番の特徴ですね。

よくある営業の手口のひとつで「ひかり電話を使うためにはビジネスフォン・PBXを取り替えないと利用できません」というような文言を聞くことがあるかもしれませんが、そんな営業は相手にしないように気をつけましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280