ビジネスフォン・PBXにIP電話(050番号)を導入、通話料金を削減

IP回線(050番号)を導入する

ビジネスフォン・PBXにIP電話(050番号)を導入して、通話料金を削減しましょう。

スポンサーリンク

提携プロバイダの050番号同士間なら無料通話ができる

無料通話ができるIP電話(050番号)はインターネットサービスプロバイダー(ISP)が提供しているサービスの1つで、一般電話回線よりも格安で通話ができます。

  • 月額基本料金が安い
  • 050番号から一般電話回線(局線)への通話料金が安い
  • 050番号から携帯電話への通話料金が安い
  • 050番号から海外への通話料金が安い
  • 同じISP同士や、相互提携している050番号同士間なら通話料が無料

(逆に一般電話回線(局線)からIP電話(050番号)への通話は高くなるケースがあります。)

ビジネスフォン・PBXにこのIP電話(050番号)を収容して、発信時に優先的に使用するよう設定しておけば、通話コストの削減が期待できます。

各拠点のビジネスフォン・PBXにIP電話(050番号)を収容して拠点間の通話が無料に

拠点間の通話に効果を発揮複数の拠点に事業所がある場合は、各拠点間で専用線を結ぶ代わりにそれぞれの拠点にIP電話(050番号)を導入するという方法もあります。

専用線は通話時間に関係なく月額の料金は固定です。

IP-VPN、インターネットVPNや専用線サービスなどを使った専用線での接続は、場合によっては結構なランニングコストを強いられることもありますし、初期導入費用も馬鹿になりません。

その点IP電話(050番号)であれば、月額料金は数千円程度で済みますし、同じISP同士であれば通話料金も無料になります。

初期導入費用も専用線ほどにはかかりませんので、専用線の代わりとして十分に役割を果たしてくれることでしょう。

ビジネスフォン・PBXにIP電話(050番号)を収容するには?

IP回線(050番号)を収容するには?IP電話(050番号)をビジネスフォン・PBXに収容するにはいくつかの方法があります。

  • アナログ回線変換用のVOIPゲートウェイ(IP回線用アダプタ)からアナログ回線としてビジネスフォン・PBXに収容(アナログ接続)
  • INS64(ISDN)回線相当変換用のVOIPゲートウェイ(IP回線用アダプタ)からINS64(ISDN)回線としてビジネスフォン・PBXに収容(BRI接続)
  • ルータからLANケーブルで直接ビジネスフォン・PBXに収容(LAN直収)
  • 専用線変換用のVOIPゲートウェイ(IP回線用アダプタ)から専用線としてビジネスフォン・PBXに収容(専用線接続)

通常IP電話(050番号)はVOIPゲートウェイ(IP電話用アダプタ)を経由しての使用になります。VOIPゲートウェイ(IP電話用アダプタ)は音声とパケットの相互変換を行い、IPネットワークを経由して通話が出来るように処理をしてくれる装置です。

VOIPゲートウェイ(IP電話用アダプタ)にも様々な種類があります。ほとんどの場合、アナログ回線として変換しますが、ISDN回線や、専用線に変換するタイプのものもあります。

他にもADSLモデムと一体型になっているものや、ルータと一体型になっているものもあります。

どの方法が一番ビジネスフォン・PBXに収容しやすいかは、設置状況によって変わりますが、アナログ回線に変換する方法が最も多いでしょう。

なお、上の図では光回線(光ファイバー)を例に示していますが、ADSL回線でもIP電話(050番号)の利用が可能です。

最後に

IP電話(050番号)を導入する一番大きなメリットは無料通話ができる点にあります。

無料通話を活かして拠点間、社内間の通話料金を大幅に削減するのにおすすめです。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280