ビジネスフォン・PBXの価格は?(新品の場合)

機器の構成によって異なりますが、新品の場合はだいたい以下のような価格が相場となっています。(特売品期間中や大口割引等もあるので、一概にはいえませんが)

スポンサーリンク

多機能電話機(新品)の価格帯

  • 30,000~50,000円前後

多機能電話機はビジネスフォン・PBXでしか使えない専用の電話機のことです。

カールコードレス電話機(新品)の価格帯

  • 60,000~100,000円前後

カールコードレス電話機は多機能電話機の受話器部分(ハンドセット部分)がコードレスになっている電話機のことです。

IP電話機(新品)の価格帯

  • 30,000~90,000円前後

IPネットワーク上で動作する多機能電話機のことです。LANケーブルを接続して使用します。

PHSアンテナ(新品)の価格帯

  • 60,000~90,000円前後

ビジネスフォン・PBXでPHS子機を利用するために必要となるのがPHSアンテナです。BSもしくはCSと呼ぶこともあります。

PHS子機(新品)の価格帯

  • 30,000~60,000円前後

ビジネスフォン・PBX配下で使用するデジタルコードレス電話機のことです。PHSアンテナの電波を受信して使用します。

一般電話機(新品)の価格帯

  • 10,000~30,000円前後

家庭で使うような普通の電話機のことです。

ビジネスフォン・PBXの本体(新品)の価格帯

  • 十数万~数千万円(システム容量、使用する機能によって異なります)

ビジネスフォン・PBXの本体の価格はシステム容量や使用するサービス、機能によって異なります。

小容量タイプのビジネスフォンであれば、30,000~100,000円程度で手に入りますが、容量が大きくなるに連れて価格も当然高くなります。

ビジネスフォンの上位版として位置づけられるPBX(構内交換機)の大容量タイプにもなると数千万円以上することもあります。

最後に

ビジネスフォン・PBXは決して安いものではありません。

利用する多機能電話機の数が多くなれば「電話機の台数×30,000~60,000円前後」に加え電話機の台数分接続するための基板(パッケージ)が必要になります。

ビジネスフォン・PBXに実装する基板(パッケージ)が増えると筐体を増設する必要が出てきます。

筐体を増設するためにはシステム容量を拡張するためのライセンスを別途購入しなければなりません。

ではなぜ、そのように高価なビジネスフォン・PBXを導入するのか?それは「それだけの価値」があるからに他なりません。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280