ビジネスフォン・PBXの内線電話機から携帯番号をダイヤルすると自動的にキャリアコードを付加する

ビジネスフォン・PBXの内線電話機から携帯電話へ発信するときに次のようなキャリアコードを頭に付加することで通話料金が安くなります。

スポンサーリンク

面倒くさくて忘れがちな携帯発信時のキャリアコードのダイヤル

電話回線(局線)から携帯電話に電話をするときに、携帯電話番号の前に「0033」や「0077」といった番号(キャリアコード)をダイヤルしてから通話をすると、通話料金が安くなるサービスがあります。

  • 0033+携帯番号 ※0033:NTTコミュニケーションズ
  • 0077+携帯番号 ※0077:KDDI
  • 0088+携帯番号 ※0088:ソフトバンク
  • 0036+携帯番号 ※0036:NTT東日本
  • 0039+携帯番号 ※0039:NTT西日本
  • 0038+携帯番号 ※0038:FUSION

安くなるのは大変いいことなのですが、いちいち携帯電話に電話をする前にダイヤルを付加するのは面倒ですし、うっかり忘れてしまうこともあるでしょう。

ビジネスフォン・PBXで自動的に携帯発信時のキャリアコードを自動的に付加

ビジネスフォンで自動的にキャリアコードを付加しますビジネスフォン・PBXには携帯番号をダイヤルしたときにキャリアコードを自動的に付加する機能を備えた機種もあります。

携帯発信時にキャリアコードを自動的に付加してくれるので次のようなメリットがあります。

  • 携帯に電話をするたびにいちいちキャリアコードを付加する必要がない
  • うっかりとキャリアコードをダイヤルし忘れることがない
  • キャリアコードのダイヤルを意識することなく、通話料金を安くできる

ビジネスフォン・PBXの内線電話機から携帯電話に電話をかけることが多ければ多いほど、キャリアコードの自動付加による恩恵も大きくなります。

逆に割引通話を行いたくない場合は、携帯電話番号の前に「122」をダイヤルすると、割引通話が適用されずに通常通りの携帯電話との通話になります。

最後に

携帯発信時にキャリアコードを付加するかしないかによって、月額の通話料金が大幅に変わってくるケースも少なくありません。

ビジネスフォン・PBXに収容している電話回線(局線)の種類によってはキャリアコードを付加できないものもありますが、基本的には導入しておいたほうが良い機能のひとつと言えるでしょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280