メッセージ定時放送~ビジネスフォン・PBXのボイスメールにメッセージを録音、定時になると放送設備から自動的にメッセージを放送する~

ボイスメールであらかじめ録音しておいたメッセージを放送設備から定時になると自動的に放送します。

スポンサーリンク

始業、休憩間、終業時間などの定時に自動放送

  • 始業時間
  • 休憩時間
  • 就業時間

これら毎日の定時に行う放送の内容をボイスメールに録音しておくことで、ビジネスフォン・PBXに接続された放送設備から放送時間がくると自動的に録音されたメッセージを放送することができます。

メッセージ定時放送の動作概要

1.毎日の定時に放送するメッセージをボイスメールに録音する

朝礼用、休憩時間用、終業時間用であらかじめボイスメールにメッセージを録音します。

毎日の定時に放送するメッセージをあらかじめボイスメールに録音をしておきます。

  • 朝礼用(メッセージ番号001)
  • 休憩時間用(メッセージ番号002)
  • 終業時間用(メッセージ番号003)

2.放送するメッセージごとに自動放送する時間を設定する

朝礼用は9:00、休憩時間用は12:00、終業時間用は18:00に時間設定を行います。

放送するメッセージごとにそれぞれ自動放送する時間を設定します。

  • 朝礼用(9:00)
  • 休憩時間(12:00)
  • 就業時間(18:00)

3.9:00になると朝礼用のメッセージが自動放送される

9:00になると朝礼用のメッセージが放送設備から自動的に放送されます。

平日の朝9:00になると朝礼用のメッセージが自動的に放送設備から放送されます。

4.昼12:00になると休憩時間用のメッセージが自動放送される

12:00になると休憩時間用のメッセージが放送設備から自動的に放送されます。

昼の12:00になると休憩時間用のメッセージが放送設備から自動的に放送されます。

5.18:00になると終業時間用のメッセージが自動放送される

18:00になると終業時間用のメッセージが放送設備から自動的に放送されます。

夕方の18:00になると終業時間用のメッセージが放送設備から自動的に放送されます。

最後に

ビジネスフォン・PBXのボイスメール機能を定時の放送メッセージで利用できるため、別途ガイダンス装置などを用意する必要がありません。

内線電話機からの操作で手軽にメッセージの変更をできるため、使い勝手も悪くありません。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280