ルームモニタ~多機能電話機のマイクを通じて別の多機能電話機から音声をモニタする~

多機能電話機のマイクを通じて、別の多機能電話機から、部屋の音声をモニタすることができます。

スポンサーリンク

会議の様子を別の多機能電話機からモニタ

会議室や応接室で話している様子を、その付近に設置してある多機能電話機のマイクを通じて、別の多機能電話機からモニタすることができます。

複数の多機能電話機からモニタすることができるので、同じ場所にいなくてもリアルタイムに情報を共有することが可能です。

ルームモニタの動作概要

1.(モニタされる側)多機能電話機から被ルームモニタ設定特番をダイヤル

(被モニタ側)モニタされる多機能電話機から被ルームモニタ設定特番をダイヤルします。

会議室に設置されている多機能電話機(内線10)から被ルームモニタ設定特番(たとえば「8」)をダイヤルします。

2.(モニタされる側)つづけてモニタされる多機能電話機の内線番号をダイヤル

(被モニタ側)続けて、モニタされる多機能電話機の内線番号をダイヤルします。

被ルームモニタ設定特番(たとえば「8」)をダイヤル後、続けてモニタされる多機能電話機の内線番号(ここでは「10」)をダイヤルします。

3.(モニタする側)モニタする側の多機能電話機からルームモニタ設定特番をダイヤル

(モニタ側)別の部屋にある多機能電話機からルームモニタ設定特番をダイヤルします。

別の部屋(事務所など)にある多機能電話機(内線11)からルームモニタ設定特番(たとえば「9」)をダイヤルします。

4.(モニタする側)つづけてモニタする相手の内線番号をダイヤル

(モニタ側)続けて、モニタする相手の内線番号をダイヤルします。

ルームモニタ設定特番(たとえば「9」)をダイヤル後、続けてモニタする相手の内線番号(ここでは「10」)をダイヤルします。

5.ルームモニタが開始される

被モニタ側、モニタ側双方の設定が済むと、ルームモニタが開始されます。

モニタされる側(内線10・会議室)、モニタする側(内線11・事務所)双方の設定が済むと、ルームモニタが開始されます。

ルームモニタ動作中は内線10の周囲の音を内線11からモニタすることができます。

最後に

ルームモニタ機能はビジネスフォン・PBXの「会議通話」機能と「ハンズフリー」機能の合わせ技のような機能です。

ほとんどのビジネスフォン・PBXに初実装されている機能のひとつでもあります。

もし会議室に多機能電話機が設置されているのであれば一度試してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280