不応答転送~一定時間着信に応答しなかったときに自動的に別の電話に転送する~

内線着信にすぐに対応できないときに不応答転送を設定しておくことで、一定時間後に別の電話に着信を転送することができます。

スポンサーリンク

繁忙時などに

不応答転送機能を利用すると、内線着信にすぐに対応できない時に、一定時間経過すると、別の内線電話機へ着信を転送させることができます。

不応答転送できる着信の種類

  • 内線着信
  • 個別着信(DIL)
  • 専用線着信
  • 追加ダイヤルイン(付加番号ダイヤルイン)

不応答転送の転送先の種類

  • 近くの内線電話機
  • 留守番電話機
  • 外線
  • 専用線
  • 多機能電話機のファンクションキーに割りつけた仮想内線

近くの内線や、留守番電話などに転送させることによって、1次対応を行うことが可能になります。

ちなみに不応答の時間はビジネスフォン・PBXの設定で変更することが可能です。

不応答転送の動作概要

1.不応答転送の設定操作を行う

受話器を上げて不応答転送の設定特番と、転送先の内線番号(近くの人の内線番号へ)をダイヤルして不応答転送を開始します。

内線電話機(内線10)から不応答転送の設定操作を行います。

  1. 内線電話機(内線10)の受話器を上げる
  2. 不応答転送の設定特番(たとえば#)をダイヤルする
  3. 転送先の内線番号(内線20)をダイヤルする
  4. 受話器を下ろして不応答転送の設定が完了する

2.接客中に別の内線電話機から内線呼出をされる

接客中に別の内線電話機から内線呼出をされます。

接客中で着信に応答できないときに別の内線電話機から内線呼出をされます。

3.一定時間着信ベル鳴動後、自動的に転送先の内線電話機に着信が転送される

一定時間着信ベルが鳴動したのち、転送先の内線電話機へ着信が転送されます。

内線電話機(内線10)に一定時間着信したのち、不応答転送の転送先として設定した内線電話機(内線20)に自動的に着信が転送されます。

4.転送先の内線電話機が着信に応答すると通話状態になる

応答して通話状態になります。

不応答転送の転送先の内線電話機(内線20)が着信に応答すると通話状態になります。

5.不応答転送を解除する操作を行う

不応答転送を解除するときは、受話器を上げて不応答転送の解除特番をダイヤルします。

不応答転送を解除するときは不応答転送を設定した内線電話機(内線10)から解除操作を行います。

  1. 内線電話機(内線10)の受話器を上げる
  2. 不応答転送の解除特番(たとえば*)をダイヤルする
  3. 受話器を下ろして不応答転送の解除が完了する

最後に

不応答転送は離席しているわけではないが着信に応答できない状況に使う機能です。

呼びっぱなしで応答しない状況を減らすための機能のひとつでもあります。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280