今利用中のビジネスフォンではひかり電話を利用できない?

「今のビジネスフォンではひかり電話を使えませんよ」というような営業トークをされるケースがよくあるようです。

結論から申し上げますと「そんなことはありません」

スポンサーリンク

ひかり電話のビジネスフォンへの接続方法は主に4パターン

  • アナログ回線としてビジネスフォンに接続(アナログ接続タイプ)
  • INS64相当の回線としてビジネスフォンに接続(BRI接続タイプ)
  • INS1500相当の回線としてビジネスフォンに接続(PRI接続タイプ)
  • LANケーブルで直接ネットワーク経由でビジネスフォンに接続(LAN直収タイプ)

以上のことから、現在利用中のビジネスフォンでもほとんどの場合接続可能です。

ただし、接続できないケースも希にある

  • 現在はINS64回線を利用しているが、基板がU点での接続しかサポートしていない(ひかり電話はU点対応していない)
  • 別のIP電話をLAN直収しているが、ひかり電話のLAN直収には対応していない

上記のケースの場合、別途オプション機器を追加するか、ビジネスフォンそのものを変更するかのいずれかになります。

なぜ使えないのか?の理由を明確に説明してもらいましょう

「なぜ、使えないのか?」の理由をわかりやすくはっきりと説明できないようであれば、その営業さんは信用しなくていいと思います。

逆にわかりやすく、明確に説明してくれる営業さんなら大丈夫ということです。多分。

最後に

ビジネスフォンを取り替えないとひかり電話が使えない、というようなケースはよほど珍しい機種を使っていない限りはまずありません。

簡単に相手の話を鵜呑みにしないように注意するようにしましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

「ひかり電話」の関連記事

スポンサーリンク
336×280