仮想内線を呼び出す~ビジネスフォン・PBXのデータ上にのみ存在する仮想的な内線~

仮想内線とは電話機などの端末が存在しない仮想的な内線のことです。

スポンサーリンク

仮想内線は内線番号=内線電話機にはならない

ふつうの考え方でいくと内線番号=内線電話機ということになります。

一方、仮想内線ではどうでしょうか?

仮想内線はビジネスフォン・PBXのデータ上のみ存在する仮想的な内線番号です。

内線なので内線番号=内線電話機ということにはなりません。

ふつうの内線番号はビジネスフォン・PBXの基板(パッケージ)の物理的な回路に設定する

ふつうの内線番号は実際に電話機などの端末を接続することになります。

内線電話機はビジネスフォン・PBXの主装置本体に実装された基板(パッケージ)に接続されることになるので、基本的には基板(パッケージ)の物理的な回路ごとに内線番号を設定することになります。

物理的な回路ごとに内線番号を設定する基板(パッケージ)

  • 多機能内線用の基板(パッケージ)
  • 一般内線用の基板(パッケージ)
  • ISDN内線用の基板(パッケージ)

PHSやIP多機能電話機、SIP電話機は論理的な回路に内線番号を設定する

電話機などの端末が接続される内線でも物理的な回路に接続せずに、論理的な回路に接続されるものがあります。

論理的な回路ごとに内線番号を設定する端末

  • デジタルコードレス基地局(PHSアンテナ)から無線で接続されるデジタルコードレス子機(PHS子機)
  • LAN上で接続されるIP多機能電話機やSIP電話機
  • 無線LAN上で接続されるWi-Fi端末(無線LAN対応のデュアル携帯、スマートフォンなど)

仮想内線は仮想内線用の論理的なポートに内線番号を設定する

仮想内線には電話機などの端末が接続されることがありません。

仮想内線は論理的なポートに内線番号を設定します。

仮想内線は多機能電話機のファンクションキーに割り付けて使用

仮想内線(ダミー内線)とは番号だけが存在する内線

内線電話機などの端末が接続されない仮想内線は多機能電話機のファンクションキーに割りつけて使用します。

他の内線電話機から仮想内線の内線番号をダイヤルすることで、多機能電話機のファンクションキーに割りつけられた仮想内線ボタンが点滅し、ベルが鳴動します。

仮想内線(ダミー内線)呼出の動作概要

1.内線電話機の受話器を上げて仮想内線番号をダイヤル

受話器を上げて仮想内線(ダミー内線)番号をダイヤル(ここでは内線20)

別の内線電話機の受話器を上げて仮想内線の内線番号(内線番号20)をダイヤルします。

2.仮想内線ボタンが点滅しベルが鳴動する

仮想内線(ダミー内線)ボタン(内線20)が点滅・ベル鳴動

多機能電話機のファンクションキーに割り付けられた仮想内線(内線番号20)ボタンのボタンが点滅し着信ベルが鳴動します。

3.点滅している仮想内線ボタンを押して応答・通話

点滅している仮想内線(ダミー内線)ボタンを押して応答・通話

着信点滅している仮想内線(内線番号20)のボタンを押すと着信に応答し発信元の内線との通話になります。

最後に

仮想内線は多機能電話機のファンクションキーに割り付けて使用することを前提にされた内線です。

仮想内線の機能を提供しているビジネスフォン・PBXは限られていますが、仮想内線を使うことで様々な便利な運用を実現することができるのです。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280