個別保留(自己保留)~通話を保留した内線電話機からのみ保留応答できる~

個別保留(自己保留)は他の内線電話機に転送することのない通話を保留するときに利用します。

スポンサーリンク

他の電話機からは応答できない保留

個別保留(自己保留)は保留した内線電話機からしか応答できない自分だけの保留です。

他の内線電話機から保留応答されることはありません。

個別保留(自己保留)は多機能電話機のファンクションキーに個別保留(自己保留)ボタンを割りつけて使用しますが、ビジネスフォン・PBXの機種によっては通常の保留ボタンを自己保留ボタンとして使用することも可能です。

個別保留(自己保留)の動作概要

1.相手と通話中

相手と通話しています。

内線電話機が相手と通話しています。

2.個別保留(自己保留)ボタンを押して通話を保留

個別保留ボタンを押すと、個別保留ボタンに通話が保留されます。

通話中に個別保留(自己保留)ボタンを押すと個別保留(自己保留)ボタンに通話が保留されます。

個別保留(自己保留)ボタンに通話が保留されるとランプの表示が遅い点滅状態に変わります。

※ランプの表示はビジネスフォン・PBXによって異なります。

3.保留点滅中の個別保留(自己保留)ボタンを押して保留に応答

遅い点滅状態の個別保留ボタンを押すと、保留している相手との通話になります。

ランプがゆっくりと点滅している個別保留(自己保留)ボタンを押すと個別保留(自己保留)している相手との通話になります。

※ランプの表示はビジネスフォン・PBXによって異なります。

最後に

個別保留(自己保留)は基本的には他の内線電話機に保留応答されたくないときに使用する機能です。

個別保留(自己保留)はグループパーク保留もしくは共通保留と組み合わせて利用されることが多い見受けられます。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280