光電話オフィス ~ケイ・オプティコムのVOIPサービス~

光電話オフィスはケイ・オプティコムが提供するVOIP電話サービスです。

現在利用中の06や078などの0AB-J電話番号の他に050電話番号も利用可能です。

光電話オフィスのサービスを提供しているエリアは近畿2府4県のみになります。

スポンサーリンク

光電話オフィス、オフィスeo光電話、eo光電話への通話が無料

光電話オフィス、オフィスeo光電話、eo光電話への通話が無料

光電話オフィスから同じケイ・オプティコムの提供する他のVOIP電話サービスへの通話料は無料となっています。

市外局番06や078などで始まる0AB-J電話番号での発信、もしくは050電話番号での発信の双方に適用されます。

無料通話が可能な相手先のサービスは以下のとおりです。

  • 光電話オフィス
  • オフィスeo光電話
  • eo光電話
  • eo-IPセントレックス
  • eo-netフォン

050電話番号からは無料提携050事業者への通話が無料

050番号からは無料提携050事業者への通話が無料

光電話オフィスではオプションで050電話番号も取得することができます。

取得した050電話番号でケイ・オプティコムと無料通話の提携をしている050事業者へ発信した場合、無料で通話することができます。

他社IP電話(無料提携なしの場合)への通話料

他社IP電話(無料提携なしの場合)への通話料無料通話の提携をしていない他社のIP電話サービスへの通話料は以下のとおりです。

  • 0AB-J電話番号での発信時:税別8円/3分
  • 050番号での発信時:税別7.4円/3分

携帯電話への通話料金は1分あたり18円(税別)

携帯電話への通話料金は1分あたり18円(税別)

光電話オフィスから携帯電話への通話料金は1分あたり18円(税別)となっています。(キャリアは問いません)

通常の一般加入者回線から携帯電話への通話料金は1分あたりおよそ20円~30円程度するので、光電話オフィスのほうがお得になっています。

国内の通話料金(一般加入電話への通話料金)

国内の通話料金(一般加入電話への通話料金)光電話オフィスから国内の一般加入電話への通話料金は近畿2府4県内とそれ以外の2種類に分かれます。

  • 近畿2府4県内への通話料金:税別7.4円/3分
  • 近畿2府4県外への通話料金:税別8円/3分

光電話オフィスの月額料金(4chからの契約、最大46chまで)

光電話オフィスの月額料金(4chからの契約、最大46chまで)光電話オフィスの基本料金は0円となっています。

ただし、インターネットと共用ではないPBX接続(専用タイプ)の場合は月額基本料金17,000円(税別)となっています。

光電話オフィスを利用するための機器として、以下の機器をレンタルする必要があります。

  • 光電話スイッチ:税別1,000円/台
  • 光電話ゲートウェイ(アナログ接続タイプ):税別1,000円/台
  • 光電話ゲートウェイ(BRI接続タイプ):税別3,000円/台
  • 光電話ゲートウェイ(PRI接続タイプ):税別16,000円/台

接続する回線の種類(アナログ、BRI、PRI)によって接続可能なチャネル数が異なってきます。

アナログ接続、BRI接続の場合

  • インターネットハイグレードの場合:最大32ch
  • 1Gコースの場合:最大16ch
  • 100Mコースの場合:最大8ch

PRI接続の場合

  • インターネットハイグレードの場合:最大46ch
  • 1Gコースの場合:最大23ch
  • 100Mコースの場合:サービス提供なし

追加番号利用時の月額利用料金

追加番号利用時の月額利用料金

基本契約では電話番号は1つですが、必要に応じて電話番号を別途追加することが可能です。

1電話番号あたり月額280円(税別)となっています。

追加できる電話番号は06や078の0AB-J番号及び、050電話番号となっています。

基本サービス(発信者番号表示サービス)

基本サービス(発信者番号表示サービス)光電話オフィスの基本サービスの1つとして発信者番号表示サービスがあります。

着信時にかけてきた相手の電話番号が電話機の液晶画面に表示されます。

月額料金は無料です。

オプションサービス(番号非通知拒否サービス)

オプションサービス(番号非通知拒否サービス)

番号非通知拒否サービスは非通知でかけてきた相手からの着信を拒否するサービスです。

非通知でかけてきた相手には音声ガイダンスで番号を通知してからかけなおすよう促します。

回線ごとの契約で、月額500円(税別)となっています。

オプションサービス(ダイナミックナンバーサービス)

オプションサービス(ダイナミックナンバーサービス)

ダイナミックナンバーサービスは発信する相手の電話番号に応じて、一番お得になる発信者番号を自動で選択し、発信するサービスです。

たとえば無料提携050事業者へ発信した場合には、光電話オフィスの発信者通知番号として050電話番号を相手に通知するように自動選択し、利用者が意識することなく自動的に無料通話になります。

ダイナミックナンバーサービスの月額料金は無料です。

オプションサービス(転送サービス)

オプションサービス(転送サービス)転送サービスは月額1,000円(税別)で利用できるサービスです。

光電話オフィスの回線に接続された電話機から転送操作を行うことで、光電話オフィスへの着信を別の電話番号に転送することができます。

光電話オフィスのビジネスフォン接続イメージその1(アナログ回線として接続)

ビジネスフォン接続イメージその1

光電話オフィスをアナログ回線としてビジネスフォンに接続するイメージ構成図です。

光回線終端装置(ONU)から光電話スイッチに接続、光電話スイッチから光電話GWでアナログ回線に変換します。

アナログ回線に変換後、ビジネスフォンのアナログ外線パッケージに接続して、アナログ回線としてビジネスフォンに収容します。

アナログ回線で収容した場合、相手に通知する電話番号は光電話GWに依存する形になりますので、ビジネスフォン側で自由に設定することはできません。

相手からの着信時に番号を電話機の液晶に表示するためには、アナログナンバーディスプレイ回路が別途必要となります。

光電話オフィスのビジネスフォン接続イメージその2(INS64回線相当(BRI)として接続)

ビジネスフォン接続イメージその2光電話オフィスをINS64回線相当(BRI)としてビジネスフォンに接続するイメージ構成図です。

光回線終端装置(ONU)から光電話スイッチに接続、光電話スイッチから光電話GWでINS64回線相当(BRI)に変換します。

ISDN回線としてビジネスフォンに収容された0AB-J番号もしくは050番号は、ビジネスフォンの設定によって相手に通知する番号を複数の中から内線番号ごとに自由に設定することが可能です。

着信時に相手の番号を表示させるときも、別途ナンバーディスプレイ回路は必要ありません。

光電話オフィスのビジネスフォン接続イメージその3(INS1500回線相当(PRI)として接続)

ビジネスフォン接続イメージその3光電話オフィスをINS1500回線相当(PRI)としてビジネスフォンに接続するイメージ構成図です。

光回線終端装置(ONU)から光電話スイッチに接続、光電話スイッチから光電話GWでINS1500回線相当(PRI)に変換します。

ISDN回線としてビジネスフォンに収容された0AB-J番号もしくは050番号は、ビジネスフォンの設定によって相手に通知する番号を複数の中から内線番号ごとに自由に設定することが可能です。

着信時に相手の番号を表示させるときも、別途ナンバーディスプレイ回路は必要ありません。

最後に

ケイ・オプティコムの光電話オフィスは近畿2府4県でしか提供していないのですが、0AB-J番号や050番号での無料通話を活かして拠点間の通話料金を削減したり、自動的に一番お得な通話料金を選択してくれる「ダイナミックナンバーサービス」といったユニークなサービスを提供しており、近畿の会社様にはおすすめのサービスの1つといえるのではないでしょうか?

興味のある方はご検討してみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280