公衆/オフィス自動切替~070番号の公衆網としてのPHS、ビジネスフォン・PBX配下の内線としてのPHSの待ち受けモードを自動的に切り替える~

070番号の公衆網契約をしたPHS子機をビジネスフォン・PBX配下の内線として使うと、PHSアンテナの電波状況に応じて公衆モード/オフィスモードに切り替わります。

スポンサーリンク

070番号の公衆網契約をしたPHS子機「黒ロム」、公衆網契約をしていないPHS子機「白ロム」

ビジネスフォン・PBXで利用できるPHSには次のような種類があります。

  • 070番号の公衆網契約をしたPHS(通称「黒ロム」)
  • 公衆網契約をしていないPHS(通称「白ロム」)
  • ビジネスフォン・PBX専用の多機能PHS

「黒ロム」PHSで社内の携帯電話と内線電話を1台に集約

黒ロムのPHS子機をビジネスフォン・PBXの内線として導入すれば、携帯と内線を1台に集約することができます。

  • 社内ではビジネスフォン・PBX配下の内線として利用
  • 社外では070番号を持ったPHS(携帯電話)として利用

070番号の公衆網契約をしている「黒ロム」PHS子機はには2種類のモードがあります。

  • 070番号を優先して使用する「公衆モード」
  • ビジネスフォン・PBX配下の内線を優先して使用する「オフィスモード」
  • 公衆モード、オフィスモードの双方の電波を待ち受ける「デュアルモード」

内線としてのPHSを優先して使用する「オフィスモード」

ビジネスフォン・PBX配下の内線としてPHSを使用するときは、PHS子機側の設定で「オフィスモード」を選択します。

オフィスモードに設定したPHS子機の通話ボタンを押すと、ビジネスフォン・PBXの内線トーンが聞こえます。

070番号としての公衆PHSを優先して使用する「公衆モード」

070番号の公衆網としてのPHSを使用するときは、PHS子機側の設定で「公衆モード」を選択します。

公衆モードに設定したPHS子機の通話ボタンを押すと、「ツー」という外線トーンが聞こえます。

内線と070番号の双方の待ち受けをする「デュアルモード」

ビジネスフォン・PBX配下のPHSアンテナの電波、070番号の公衆網の電波の双方を待ち受ける「デュアルモード」という選択もあります。

デュアルモードにした場合、電波の状況に応じて公衆モード、オフィスモードのどちらかに自動的に優先されます。

  • 社内のビジネスフォン・PBX配下のPHSアンテナのエリア内では自動的にオフィスモードが優先されます。
  • ビジネスフォン・PBX配下のPHSアンテナの配下からはずれると公衆モードが優先されます。

デュアルモードを選択しておけば、オフィスモード、公衆モードをいちいち手動で切り替える必要がありません。

内線電話機と携帯電話という2台の端末を持ち変える必要がなく、公衆/オフィスモードを手動で切り替える必要もないので、1台に集約してもわずらわしさを感じることもないかと思われます。

PHS子機の公衆/オフィス自動切替の動作概要

1.社内で内線PHSの電波を受信しているときは、「オフィスモード」でが優先されます。

社内で内線PHSの電波を受信しているときは、「オフィスモード」で動作します。

2.別の内線電話機から内線呼び出しを受けると、着信鳴動します。

別の内線電話機から内線呼び出しを受けると、着信鳴動します。

3.070の公衆番号に電話がかかってきても、着信鳴動します。

070の公衆番号に電話がかかってきても、着信鳴動します。

4.発信時は会社の内線網からの内線発信となります。

発信時は会社の内線網からの内線発信となります。

5.社外に出ると、会社のPHS内線網は使用できないので、自動的に「公衆モード」へと切り替わります。

社外に出ると、会社のPHS内線網は使用できないので、自動的に「公衆モード」へと切り替わります。

6.社内に戻ると、「公衆モード」から「オフィスモード」へ自動的に切り替わります。

社内に戻ると、「公衆モード」から「オフィスモード」へ自動的に切り替わります。

最後に

公衆/オフィス自動切替は070番号の公衆網契約をした「黒ロム」PHSならではの機能です。

「黒ロム」PHS子機をビジネスフォン・PBX配下の内線として活用するために欠かせない機能ともいえます。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280