内線を別の場所に接続しても番号は変わらない?

自分の席で使っている内線電話機を少しだけ別の場所で使いたい。

内線電話機を別の場所にある線に接続しても同じように使えるのか?

スポンサーリンク

内線電話機は原則として別の場所にある線につないでも同じようには使えない

ビジネスフォン・PBXに接続して使う電話機には1台1台に対して内線番号が割り振られています。

内線番号は接続する「電話線」によって決まる

内線番号は、基本的には電話機を接続する「電話線」によって決まります。

ほとんどのメーカーの機種がそのようになっています。

(例)内線100の電話機と内線200の電話機を入れ替えてみる

  • 内線100が接続されていた線に内線200の電話機をつけると内線100として動作する
  • 内線200が接続されていた線に内線100の電話機をつけると内線200として動作する

内線用パッケージ(基板)の回路1つ1つに対して内線番号が設定されているため

内線電話機はビジネスフォン・PBXに必要に応じて実装される「内線パッケージ(基板)」に1台ずつ接続されます。

内線番号は内線パッケージの内線回路ごとに1つずつ設定されています。

各所で使われている内線電話機はその内線回路から電話線を伝ってダイレクトに接続されています。ゆえに「内線番号=電話線」となるのです。

IP電話機はどの場所でも同じ内線番号で動作する

通常の電話機は「電話線」に接続して使用しますが、IP電話機は「LAN」に接続して使用します。

IP電話機はLAN上で動作するため、パソコンと同じようにIPアドレスを電話機ごとに設定する必要があります。IPアドレスと電話機ごとに固有に存在するMACアドレス、これらに対して内線番号を設定することになります。

よって「内線番号=電話線」とはならずに「内線番号=IPアドレス/MACアドレス」となり、ビジネスフォン・PBXに接続されたLAN上であれば、どこに接続しても同じ内線番号で動作するのです。

NTTのアルファシリーズの電話機もどの場所でも同じ内線番号で動作する

NTTが販売しているアルファシリーズの電話機もIP電話機と同じように、どの場所でも同じ内線番号で動作します。

アルファシリーズの電話機はIP電話機のようにLANに接続するのではなく、電話線に接続します。

内線パッケージの内線回路に電話線を接続して、その先に電話機をつけるのですが、内線番号を決定付けるのは内線回路ではなく、TEN番号と呼ばれるものになります。

TEN番号は電話機の背面にあるロータリースイッチの数字を組み合わせることで設定します。

TEN番号と内線番号の設定例

  • TEN番号001に内線100を設定
  • TEN番号002に内線101を設定

電話機背面のロータリースイッチを「001」に合わせれば、どの内線回路につながっているどの電話線にさしても内線100で動作することになります。

最後に

内線電話機は原則としては「電話線=内線番号」となっています。

ほとんどのメーカー、機種がこの考え方となっていますので、電話機を入れ替える際にはご注意ください。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280