取り次ぎ方がよくわからん!別の内線への電話の取り次ぎ操作のまとめ

  • 相手との通話を別の内線に取り次ぎたい
  • でも電話の操作がよくわからない
  • わからないので結局取り次ぎできない
  • 取り次ぎできないからあんまり電話を使いたくない

そんなことになってませんか?

というわけでビジネスフォンでの電話の取り次ぎ操作をまとめてみました。

ビジネスフォンのメーカーや機種によって取り次ぎ方は少し違ってきますが、くじけずにマスターしましょう!

スポンサーリンク

 通話を保留後、近くの人に口頭で伝えて、保留中の外線ボタンを取ってもらう

  1. 外線と通話中
  2. 保留ボタンを押す
  3. 外線ボタンに通話が保留される
  4. 受話器を下ろす
  5. 近くの人に口頭で伝える
  6. 近くの人が別の電話機から外線ボタンを押して応答する

通話を保留後、内線を呼び出して、保留中の外線ボタンを取ってもらう

  1. 外線と通話中
  2. 保留ボタンを押す
  3. 外線ボタンに通話が保留される
  4. 取り次ぎ先の内線番号をダイヤル
  5. 相手が応答したら、保留している外線ボタンを押してもらうよう伝える
  6. 受話器を下ろす
  7. 取り次ぎ先の内線が外線ボタンを押して応答する

通話を保留後、内線を呼び出して、そのまま通話を取り次ぐ

保留ボタンで保留後、受話器を下ろして取り次ぐ

  1. 外線と通話中
  2. 保留ボタンを押す
  3. 通話が保留される
  4. 取り次ぎ先の内線番号をダイヤル
  5. 相手の内線が応答
  6. 要件を伝えて受話器を下ろす
  7. 外線と取り次ぎ先内線の通話になる

保留ボタンで保留後、転送ボタンを押して取り次ぐ

  1. 外線と通話中
  2. 保留ボタンを押す
  3. 通話が保留される
  4. 取り次ぎ先の内線番号をダイヤル
  5. 相手の内線が応答
  6. 要件を伝えて転送ボタンを押す
  7. 外線と取り次ぎ先内線の通話になる

保留ボタンで保留後、フラッシュボタンを押して取り次ぐ

  1. 外線と通話中
  2. 保留ボタンを押す
  3. 通話が保留される
  4. 取り次ぎ先の内線番号をダイヤル
  5. 相手の内線が応答
  6. 要件を伝えてフラッシュボタンを押す
  7. 外線と取り次ぎ先内線の通話になる

転送ボタンで保留後、受話器を下ろして取り次ぐ

  1. 外線と通話中
  2. 転送ボタンを押す
  3. 通話が保留される
  4. 取り次ぎ先の内線番号をダイヤル
  5. 相手の内線が応答
  6. 要件を伝えて受話器を下ろす
  7. 外線と取り次ぎ先内線の通話になる

フックボタンで保留後、受話器を下ろして取り次ぐ

  1. 外線と通話中
  2. フックボタンを押す
  3. 通話が保留される
  4. 取り次ぎ先の内線番号をダイヤル
  5. 相手の内線が応答
  6. 要件を伝えて受話器を下ろす
  7. 外線と取り次ぎ先内線の通話になる

通話中にいきなり内線番号をダイヤル後、受話器を下ろして取り次ぐ

  1. 外線と通話中
  2. そのまま取り次ぎ先の内線番号をダイヤル
  3. 相手の内線が応答
  4. 要件を伝えて受話器を下ろす
  5. 外線と取り次ぎ先内線の通話になる

最後に

通話の取り次ぎがスムーズに行くと仕事の流れもスムーズになります。

逆に通話の取り次ぎで支障が出ると、クレームの元になることもあります。

操作ミスをして通話を切ってしまわないように頑張ってください!

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280