外線予約~ビジネスフォン・PBXに収容している外線が全て塞がっているときに、空きが出次第すぐに外線を使えるように予約する機能~

外線予約

全ての外線が塞がっている時に、外線予約を行うことで外線が空き次第、外線発信することができます。

スポンサーリンク

発信する外線がなかなか空かない時に

外線予約はビジネスフォン・PBXに収容している外線が全部使用中でなかなか空かず、外線発信できないときに利用します。

外線予約をつかうことで外線が空き次第、外線発信することができます。

外線予約の動作概要

1.外線がすべて使用中で外線に発信できない

ビジネスフォンに収容している外線が使用中でなかなか発信できない。

ビジネスフォン・PBXに収容している外線(電話回線)が全て使用されていて、なかなか外線発信ができない状況になっているとします。

  1. 内線電話機の受話器を上げる
  2. 外線発信特番(たとえば「0」)をダイヤル
  3. 外線が全て使用中なので受話器から話中音(ビジートーン)が送出される

2.外線予約の特番をダイヤル、もしくはファンクションキーに割りつけた外線予約ボタンを押す

外線予約の特番をダイヤル、もしくは外線予約機能を割り付けたファンクションキーを押下する。

外線がすべて使用中で外線発信ができないので外線予約の操作を行います。

  1. 外線が全て使用中なので受話器から話中音(ビジートーン)が送出される
  2. 受話器を上げたままの状態で外線予約の特番をダイヤル、もしくは多機能電話機のファンクションキーに割りつけた外線予約ボタンを押す

3.受話器を下ろして外線が空くのを待つ

受話器を下ろしてビジネスフォンに収容している外線が空くのを待ちます。

外線予約のセットが完了したら内線電話機の受話器を下ろしてビジネスフォン・PBXに収容している外線に空きが出るのを待ちます。

4.外線に空きが出ると外線予約をした内線電話機のベルが鳴動する

ビジネスフォンに収容している外線に空きが生じると、外線予約をした内線電話機のベルが鳴動します。

ビジネスフォン・PBXに収容している外線に空きが出ると同時に、外線予約をした内線電話機のベルが鳴動します。

5.内線電話機の受話器を上げて外線発信を行う

内線電話機の受話器を上げて、外線発信を行います。

内線電話機のベルが鳴動している状態で受話器を上げると外線発信トーンが聞こえ、外線発信できる状態になります。

相手の電話番号をダイヤルすると相手を呼び出すことができます。

6.相手の電話が応答すると通話状態になる

相手の電話が応答すると、通話状態になります。

呼び出した相手の電話番号が応答すると内線電話機と外線通話状態になります。

最後に

ビジネスフォン・PBXに収容している外線(電話回線)がすべて使用中になる状況はそうそうあるものでないので、外線予約機能も滅多に使われることはないと思われます。

もしすべての外線が使用中で塞がってしまった時にはこの外線予約機能を一度試してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280