多機能電話機~ビジネスフォン・PBXで一番使われる専用の電話機~

多機能電話機とは、ビジネスフォン・PBX専用の電話機のことです。

ビジネスフォン・PBXにおいて最もオーソドックスな電話機ともいえます。

スポンサーリンク

多機能電話機~ビジネスフォン・PBX専用の電話機~

ビジネスフォン・PBXの専用電話機多機能電話機はビジネスフォン・PBXの様々な機能を利用するための専用の電話機のことを指します。

ビジネスフォン・PBXの機能を活かすために設計されているので、家庭用の一般電話機とはボタンの種類や形状が大きく異なります。

家庭用の一般電話機ではダイヤルボタンの他には数種類程度のボタンがついている程度ですが、多機能電話機には十数個~数十個もの様々なボタンが付いており、電話業務の効率化を図るための様々な工夫がなされています。

多機能電話機はメーカーごとにボタンの機能や名称、配置、ボタンの個数等が異なります。

しかし、使用する目的は基本的に同じなので、どこのメーカーも全体的なパーツの構成は似たようなものになっています。

上記の画像に多機能電話機の一例を載せていますが、どこのメーカーも大体似たような構成になっています。

コーナーランプ ~着信時に点滅する~

コーナーランプ内線や外線(局線)の着信時にコーナーランプがピコピコと点滅します。

他にも次のようなときにコーナーランプが光ります。

  • ボイスメール(音声メール)のメールボックスにメッセージが入った時
  • 通話録音内容が保存された時
  • 指定時刻にアラームを鳴らした時
  • システムのモード状態を変更した時
  • システムの障害が通知された時

液晶画面(LCD) ~時刻や内線番号、ダイヤルした番号など様々な情報を表示~

液晶画面(LCD)電話機の使用状態に応じて様々な情報を表示します。

通常時は日付、時刻、内線番号等を表示しています。

他にも以下のような時に液晶の表示内容が変わります。

  • 受話器を上げた時→ダイヤル待ち状態の表示になります
  • 着信時→かけてきた相手の番号を表示します
  • 発信時→呼び出し中の画面になります
  • ボイスメール操作時→操作内容が表示されます

ソフトキー ~多機能電話機の使用状態に応じて様々な機能に変化~

電話機の使用状態に応じて様々な機能に変化します。

  • 受話器を置いた状態(オンフック)
  • 受話器を上げた状態(オフフック)
  • 通話中
  • 相手が話中の時
  • 着信中
  • 発信中

様々な状態に応じて使用できる機能が自動的にソフトキーに割り振られます。

ファンクションキー ~様々な機能を割りつけて使用~

ファンクションキーこのファンクションキーに対して様々な機能を自由に割りつけて使用することができます。ビジネスフォン・PBXの多機能電話機の大きな特徴の1つだと言えます。

電話回線(局線)や、代理応答、着信拒否、不在転送等、数十~数百にも及ぶ様々な機能を割りつけて使用することが可能です。

割付できる機能の一例

  • 外線
  • 仮想内線
  • 代理応答
  • 着信拒否
  • 不在転送
  • PB信号
  • パーク保留

ファンクションキーの様々なよび方

メーカーによって呼び方がいろいろと異なりますが、以下のような呼び方をされたら、ここでいうところの「ファンクションキー」と考えて間違いないでしょう。

  • 外線キー
  • 盤面
  • フレキシブルキー
  • フレキシブルボタン
  • ボタン
  • 外線ボタン
  • 内線キー

各種機能ボタン ~ビジネスフォン・PBXの機種やメーカーによって様々~

各種機能ボタンよく使う機能はあらかじめ各種機能ボタンとして割り付けらており、使いやすいように設計されています。

以下のような機能ボタンが割りつけられているケースが多く見られます。

  • 会議ボタン—(複数の電話機で同時通話(会議通話)を行うときに使用)
  • 機能ボタン—(特殊な操作を行う時に起点となることが多い)
  • フックボタン—(フッキング操作を行うときに使用)
  • スピーカボタン—(多機能電話機の外部スピーカから通話内容を聞き取ることができます)
  • 短縮ボタン—(短縮ダイヤルを登録したり、発信するときに使用)
  • 保留ボタン—(通話を保留するときに使用)
  • 転送ボタン—(主に転送操作を行うときに使用)
  • 応答ボタン—(着信に応答するときに使用)
  • 発信ボタン—(電話回線(局線)を使って発信するときに使用)
  • リダイヤルボタン—(直前に電話した番号に再度電話したい時に使用)
  • メニューボタン—(各種メニューを表示するときに使用)
  • クリアボタン—(登録した内容をクリアするときに使用)
  • 発信履歴ボタン—(過去の発信履歴を調べるときに使用)
  • 着信履歴ボタン—(過去の着信履歴を調べるときに使用)
  • 各種調節キー—(音量や液晶濃度、着信音量等を調整するときに使用)

ダイヤルボタン ~電話番号やサービス特番をダイヤル~

ダイヤルボタン電話番号やサービス特番をダイヤルするときに使用します。

ほかにも名前を登録したり、音声ガイダンス等の操作をするときに使用します。

マイク ~ハンズフリーで送話ができる~

マイク

このマイク部分に話しかけることで通話することができます。

スピーカボタンと組み合わせて使用することで、受話器をおいたままの状態(オンフック状態)でハンズフリー通話することが可能です。

最後に

多機能電話機はビジネスフォン・PBXの特徴を最も表している機器といえます。

特に多機能電話機のファンクションキーの割付方によってシステム全体の使い方が変わってくるといっても過言ではありません。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280