契約状態はどうなっている?ビジネスフォン・PBXに収容している電話回線(局線)

ビジネスフォン・PBXに収容している電話回線(局線)。

現在の契約状態はどうなっているのでしょうか。

電話回線(局線)の契約を見直すことで少しでも現状を改善できる余地はないのでしょうか。

スポンサーリンク

ビジネスフォン・PBXに収容している電話回線(局線)の契約状態はどうなっている? (変更前)

電話回線(局線)の契約状態はどうなっている? (変更前)

ビジネスフォン・PBXにINS64(ISDN)回線を2本収容しているとしましょう。

INS64(ISDN)回線は1本の契約で2通話分の同時利用が可能です。

INS64(ISDN)回線を2本収容しているということは4通話分の同時利用が可能だということです。

その4通話分のうち1通話分をFAXで使用するとします。

FAXは一般内線として収容されています。

INS64(ISDN)回線の内訳は以下の通りとします。

  • 11-1111-1111(INS64回線・単独・会社代表)
  • 11-1111-2222(INS64回線・単独・FAX用)

この場合、会社代表の電話番号(1111)とFAX用の電話番号(2222)はそれぞれ2通話ずつの利用になります。

会社代表の電話番号(1111)は複数の人が利用します。

しかし、FAX用の電話番号(2222)は1台のFAXしか利用しないので、1通話分だけで事が足ります。

こういう使い方をされているケースは実はよくあったりします。

たいていの場合、FAXが電話回線を使用していない時は、他の内線電話機から音声通話で利用します。

しかし、FAXの電話回線で電話をかけると相手にはFAXの電話番号が通知されてしまうことになり、無用な混乱を招くことがあります。

相手の人がその通知されたFAXの電話番号に折り返し電話をかけると、FAXが応答してしまうので、相手の人に迷惑をかけてしまうことになります。

ビジネスフォン・PBXに収容している電話回線(局線)の契約状態はどうなっている? (変更後パターン1)

電話回線(局線)の契約状態はどうなっている? (変更後パターン1)電話回線の使用頻度があまり高くないのであれば、INS64回線を1本に絞るのも1つの手です。

「iナンバー」というサービスを利用すれば、1本のINS64回線に対して、最大3つまで電話番号を持たせることができます。

サービスの月額料金は以下のようになっています。

  • 2つの電話番号契約時(月額:300円[税別])
  • 3つの電話番号契約時(月額:400円[税別])

ビジネスフォン・PBXがこの「iナンバー」機能に対応していれば、次のような動作が可能です。

  • 11-1111-1111着信時→通常通り着信
  • 11-1111-2222着信時→FAXに着信

相手に通知する電話番号も11-1111-1111もしくは2222のどちらでも電話機ごとに設定することが可能です。

使い勝手がよくなった上、月額料金を下げることもできました。

ビジネスフォン・PBXに収容している電話回線(局線)の契約状態はどうなっている? (変更後パターン2)

電話回線(局線)の契約状態はどうなっている? (変更後パターン2)会社代表の電話番号(11-1111-1111)の使用頻度が高いので本数を増やしたい、というような場合は「代表ダイヤルイン」を契約するという手もあります。

電話番号11-1111-1111と2222の2本分のINS64回線に対して、代表ダイヤルイン契約を行えば、合計4通話分を1つのグループ(ダイヤルイン群)として扱えます。

今までだったら1111の電話番号は最大2通話分までしか利用できなかったのが、最大4通話分まで利用することが可能になります。

例えば1111は3通話まで利用、2222は1通話のみ利用、といった割り振りも可能です。

この「代表ダイヤルイン」は電話回線に対してではなく、電話番号に対して動作するので、どの電話回線がどの電話番号で、といった縛りがありません。

代表ダイヤルイン着信時の動作例

  • 番号1111に着信すると、契約回線1111の1チャネル目を通って電話機に着信。応答して通話する。
  • 契約回線1111の1チャネル目使用中に番号2222に着信。契約回線1111の2チャネル目を通ってFAXに着信。自動受信する。
  • 契約回線1111の1、2チャネル使用中に番号1111に着信。契約回線2222の1チャネル目を通って電話機に着信。応答して通話する。
  • 契約回線1111の1、2チャネルと契約回線2222の1チャネル目使用中に番号1111に着信。契約回線2222の2チャネル目を通って電話機に着信。応答して通話する。

代表ダイヤルイングループ内の電話番号であれば、ビジネスフォン・PBXの設定で自由に変更可能

  • 電話番号に応じて着信先、着信本数などを変更できる
  • 内線電話機ごとに相手に通知する電話番号を変更できる

この代表ダイヤルインを使用すれば、電話回線をより効率的に利用することができるので、電話回線の最大本数を少なくできるというメリットがあります。

デメリットとしては、電話番号1番号ごとに月額料金(税込800円[税別])が必要となります。

最後に

ビジネスフォン・PBXに収容している電話回線(局線)の契約状態が現状の使い方に見合ったものなのか。

新たに電話回線を新設するか、現状の電話回線をダイヤルイン契約してやりくりするか、いろいろと検討してみるのもよいかと思います。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280