客室の言語設定 ~ビジネスフォン/PBXのホテル機能~

ホテルに宿泊するお客様に応じて使用する言語を設定します。

使用する言語を客室ごとに設定することによって、客室電話機の操作ガイダンスやボイスメールの音声ガイダンスの言語が切り替わります。

ただし使用する言語の音源はあらかじめビジネスフォン/PBX、ボイスメールサーバに組み込んでおく必要があります。

スポンサーリンク

客室の言語設定 その1 宿泊客に応じて客室の使用言語を設定します

客室の言語設定 その1 宿泊客に応じて客室の使用言語を設定します

宿泊するお客様に応じて使用する言語をフロント受付端末にて設定します。

ほとんどの場合、チェックイン時に言語情報も項目の1つとして設定しますが、後からでも随時変更は可能です。

客室の言語設定 その2 言語の設定がホテルシステムの各端末に連動されます

客室の言語設定 その2 言語の設定がホテルシステムの各端末に連動されます

フロント受付端末にて客室の言語が設定されると、ホテルシステムの各端末にも同じように情報が通知され、全体が連動します。

客室電話機の操作ガイダンスや、ボイスメールサーバの音声ガイダンス、客室のステータスに言語情報が反映され、言語に応じたガイダンスを提供することが可能になります。

ガイダンスの言語に応じた音源はあらかじめシステム(ビジネスフォン/PBX)に組み込んでおく必要がありますが、日本語と英語は標準で実装されていることが多いです。

多くの外国人のお客様が利用されるホテルでは日本語、英語に加えて、中国語、スペイン語、韓国語といった言語も組み込んで運用しているケースも見受けられます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280