局線の種類を変更したい

局線の種類を変更したい

ビジネスフォン、PBXの取替えや、局線の構成の変更、月額コストの削減、等のために局線の種類を変更をしたい。たとえばアナログ回線からISDN回線(INS64回線)に変更したり、アナログ回線あるいはISDN回線(INS64回線)からひかり電話に変更するとしましょう。

局線の種類を変えるときには事前に以下のようなことがないか注意しておく必要があります。

スポンサーリンク

局線がビジネスフォン、PBXに接続されるまえに、警備用端末に接続されている場合

警備用端末(SECOM、ALSOK等)はアナログ回線用、デジタル回線(INS64回線)用でインタフェースが分かれているので、警備会社と連絡せずに回線の種類を切り替えてしまうと、警備用端末が正常動作しなくなってしまいます。

まずはビジネスフォン、PBXに収容されている局線が警備用回線として使われていないかどうか事前に確認しておきましょう。

代表番号の回線が留守番装置と並列に接続されている

収容している局線がアナログ回線の場合、ビジネスフォン・PBXと並列して留守番装置を接続して使用しているケースがあります。

この接続形態でISDN回線(INS64回線、INS1500回線)やIP回線(ひかり電話ビジネスタイプ)等に切り替えてしまうと、留守番装置が使用できなくなってしまいます。

こういった場合には留守番装置に一般内線回路を接続する形に変更する必要があります。(もしくは内蔵ボイスメールを留守番として使用する)

FAXを内線端末として収容している

FAXを内線端末として収容している状態で、回線種別をアナログあるいはISDNからIP電話に切り替えると、極まれにFAXが正常に送受信できなくなることがあります。

IP電話は基本的にはFAXの送受信を全面的には保証していませんので、FAXの機種によっては相性の関係で正常に動作しないことがあります。

回線を切り替える前に切替後のIP電話がFAXの送受信をサポートしているかどうか確認するようにしましょう。

停電電話機

局線の回線種別を変更すると、停電電話機も回線種別に応じたものに変更する必要があります。

アナログ回線にはアナログ回線対応の停電電話機を、ISDN回線(INS64回線)にはINS64回線対応の停電電話機を接続してい使用します。

最後に

局線の種類を変更するときは、実施にどのような機器に接続されているのかを事前に確認するようにしましょう。

変更してから、やっぱり元に戻すということのないように。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280