携帯電話をビジネスフォン・PBXの内線として活用

携帯電話をビジネスフォンの内線に

無線LAN対応の携帯電話(デュアル携帯端末)をビジネスフォン・PBXの内線電話機として活用することができます。

スポンサーリンク

社内用の内線と会社支給の携帯電話、携帯電話1台あればOK

携帯電話1台でOK無線LAN対応の携帯電話(デュアル携帯)をビジネスフォン・PBXの内線電話機として使用することができます。

  • 社内では内線電話機として利用
  • 社外では携帯電話として利用

無線LAN対応の携帯電話(デュアル携帯)は社内と社外の2つのモードを使い分けることで、内線としての機能、携帯電話としての機能を両立させています。

社内と社外の2つのモードは電波の状況に応じて自動的に切り替わるので特に気にする必要はありません。

  • 社内では無線LAN上で動作する内線機能を優先
  • 社外では公衆網で動作する携帯電話を優先

無線LAN対応の携帯電話(デュアル携帯)にすることのメリットとデメリット

デュアル携帯にすることのメリット

  • 携帯電話と内線電話機の同一化によるコストの削減
  • シームレスな環境への対応と機会損失の削減
  • レイアウト変更時にかかる負担の軽減
  • PCと合わせて無線環境を構築することでのアドレスフリーオフィスの実現

デュアル端末にすることのデメリット

  • 社内に音声通信を優先とした無線LAN環境を構築する必要があるため、初期導入費用が高額になる
  • 端末が故障すると内線機能、携帯機能の両方が使用できなくなる
  • 無線LANの電波環境が悪くなると内線機能に不具合が生じる

最後に

最近ではいわゆるガラケーからスマートフォンへのシフトが進んでおり、無線LAN対応の携帯電話(デュアル)携帯を選択する機会が減ってきているのが現状です。

今後はスマートフォンを内線として活用する機会が増えてくるのは間違いないでしょう。

いずれにせよ導入するためには高額な初期導入費用がかかるためメリット、デメリットの双方を考慮した上で、検討するようにしましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280