放送応答(ページングトランスファー)~構内放送(ページング)に対して内線電話機からの操作で応答する~

構内放送(ページング)に対して内線電話機からの操作で応答(ページングトランスファー)することができます。

スポンサーリンク

内線電話機から放送に応答できる

ビジネスフォン・PBXに放送設備が接続されていることが前提になります。

構内放送(ページング)中に内線電話機の受話器を上げて、放送応答の特番をダイヤルすることで放送に応答(ページングトランスファー)することができます。

どの内線電話機からでも放送に応答することが可能です。

放送応答(ページングトランスファー)の動作概要

1.別の内線電話機から構内放送(ページング)中

構内放送(ページング)を行っています。

別の内線電話機(内線10)からビジネスフォン・PBXに接続された放送設備を使って構内放送(ページング)を行っています。

2.放送で呼び出された人は内線電話機から放送応答(ページングトランスファー)の特番をダイヤル

放送で呼び出された人が内線電話機から放送応答(ページングトランスファー)の特番をダイヤルします。

別の内線電話機から放送で呼び出された人は近くの内線電話機(上の図ではPHS子機・内線20)から放送応答(ページングトランスファー)の特番(たとえば8)をダイヤルします。

3.「放送元の内線電話機」と「放送応答した内線電話機」との通話状態になる

放送元の内線電話機と、放送応答した内線電話機との通話状態になります。

放送を行った「放送元の内線電話機」の内線10と「放送応答(ページングトランスファー)した内線電話機」の内線20との通話状態になります。

4.どの内線電話機からでも放送応答(ページングトランスファー)が可能

内線であれば、どの端末からでも放送応答(ページングトランスファー)することが可能です。(カールコードレス電話機、アナログコードレス電話機、デジタルコードレス電話機、一般電話機等)

放送設備に接続しているビジネスフォン・PBX配下の内線電話機であれば、どの端末からでも放送応答(ページングトランスファー)することが可能です。

  • 一般電話機
  • 多機能電話機
  • カールコードレス電話機
  • デジタルコードレス電話機(PHS子機)
  • アナログコードレス電話機
  • IP電話機
  • SIP電話機

最後に

放送応答(ページングトランスファー)は放送で呼び出されたときに使う機能です。

放送で呼び出された人は放送が終わるのを待たずに近くの内線電話機からすぐに放送に応答することが可能です。

以外と認知されていない機能ですが、なかなか便利です。

たいていのビジネスフォン・PBXに実装されている機能なので一度利用してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280