構内放送(ページング)~ビジネスフォン・PBXの内線電話機から放送設備のスピーカーから構内放送する~

ビジネスフォン・PBXと放送設備を接続することで、内線電話機から構内放送(ページング)をすることができます。

スポンサーリンク

どの内線からでも放送できる

ビジネスフォン・PBXと放送設備が接続されていれば、内線電話機から構内放送(ページング)の操作をすることで、スピーカーから放送ができるようになります。

構内放送(ページング)の操作は、主に2通り

  • 内線電話機の受話器を上げて、放送用の特番をダイヤルする
  • 内線電話機のファンクションキーに割り付けられた放送ボタンを押す

放送設備専用のマイクではなく、内線電話機をマイク代わりに使えるので、内線電話機が設置されているところであれば、どこからでも放送ができるようになります。

構内放送(ページング)の動作概要

1. 内線電話機の受話器を上げて構内放送(ページング)の特番をダイヤルする

内線電話機の受話器を上げて、構内放送(ページング)の特番をダイヤルします。

内線電話機から放送するときには、次の操作を行います。

  1. 内線電話機の受話器を上げる
  2. 構内放送(ページング)の放送特番(たとえば#)をダイヤルする

2. 受話器でしゃべった内容が、放送設備のスピーカーから放送される

内線電話機の受話器から、放送設備に接続されたスピーカーから構内放送(ページング)を行います。

構内放送(ページング)の特番「#」をダイヤルした内線電話機の受話器からしゃべった内容が、放送設備のスピーカーから放送されます。

放送開始時の予告音の種類や有無などは、ビジネスフォン・PBXの設定により変更ができます。

  • 「ピンポンパンポン」という放送予告音
  • 「ピピッ」というスプラッシュトーン
  • 予告音なしで、すぐに放送を開始

3. どの内線電話機からでも、構内放送(ページング)を行うことが可能

内線であれば、どの端末からでも構内放送(ページング)することが可能です。(カールコードレス電話機、アナログコードレス電話機、デジタルコードレス電話機、一般電話機等)

ビジネスフォン・PBXに接続されている内線であれば、どの端末からでも構内放送(ページング)を行うことが可能です。

  • 一般電話機
  • 多機能電話機
  • カールコードレス電話機
  • PHS子機
  • アナログコードレス電話機
  • IP電話機
  • SIP電話機

最後に

ビジネスフォン・PBXと放送設備を接続しての構内放送(ページング)は、よくある定番の組み合わせの一つともいえます。

放送用のスピーカーや、内線電話機が各所点在しているような広い敷地、広い建物では構内放送(ページング)は欠かせない機能となっています。

  • 小学校、中学校、高校、大学などの各学校
  • 病院、介護施設
  • 工場、研究施設など

放送設備とビジネスフォン・PBXの両方の設備があるのに、双方を接続せずに別々に運用しているケースも少なくありません。

しかし、内線から放送して、内線から応答ができれば、それはそれでなかなか便利だったりするので、是非とも活用していただきたいところです。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280