構内放送(ページング)~ビジネスフォン・PBXの内線電話機から放送設備のスピーカーから構内放送する~

ビジネスフォン・PBXに接続された内線電話機の受話器から構内放送(ページング)を行います。

スポンサーリンク

ビジネスフォン・PBXのどの内線からでも放送できます

ビジネスフォン・PBXと放送設備が接続されていれば、内線電話機からの操作で放送設備を利用することが可能になります。

内線電話機の受話器を上げて、構内放送(ページング)の特番をダイヤルすることで、放送設備に接続されたスピーカーから構内放送(ページング)を行うことができます。

どの内線電話機からでも構内放送(ページング)を行うことができるので、内線電話機がある場所であれば、どこからでも構内放送(ページング)が可能です。

構内放送(ページング)の動作概要

1.内線電話機の受話器を上げて構内放送(ページング)の特番をダイヤルする

内線電話機の受話器を上げて、構内放送(ページング)の特番をダイヤルします。

内線電話機から次の操作を行います。

  1. 内線電話機の受話器を上げる
  2. 構内放送(ページング)の放送特番(たとえば#)をダイヤルする

2.内線電話機の受話器から放送設備に接続されたスピーカーから放送する

内線電話機の受話器から、放送設備に接続されたスピーカーから構内放送(ページング)を行います。

放送特番をダイヤルした内線電話機の受話器から放送設備のスピーカーから放送を行います。

設定によっては放送予告音「ピンポンパンポン」などが最初に送出されることもあります。

3.どの内線電話機からでも構内放送(ページング)を行うことが可能

内線であれば、どの端末からでも構内放送(ページング)することが可能です。(カールコードレス電話機、アナログコードレス電話機、デジタルコードレス電話機、一般電話機等)

ビジネスフォン・PBXに接続されている内線であれば、どの端末からでも構内放送(ページング)することが可能です。

  • 一般電話機
  • 多機能電話機
  • カールコードレス電話機
  • デジタルコードレス電話機(PHS)
  • アナログコードレス電話機
  • IP電話機
  • SIP電話機

最後に

ビジネスフォン・PBXと放送設備を接続しての構内放送(ページング)はある意味定番の組み合わせともいえます。

放送設備とビジネスフォン・PBXの両方があるのであれば接続しない手はありません。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280