発信と着信で電話番号が違う?

%e7%99%ba%e4%bf%a1%e3%81%a8%e7%9d%80%e4%bf%a1%e3%81%a7%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e7%95%aa%e5%8f%b7%e3%81%8c%e9%81%95%e3%81%86%ef%bc%9f
  • 自分の内線電話機の着信時に鳴る電話番号と発信時に通知する番号が違う
  • 携帯に着信履歴があったので、折り返しかけてみたら音声ガイダンスが流れた

発信と着信で電話番号が違う?

一体どういうことなのでしょうか。

スポンサーリンク

ビジネスフォンではよくあること

発信と着信で電話番号が違う、というようなことはビジネスフォンではよくあることです。

ビジネスフォンには複数の電話回線を収容するので、発信時に使う電話回線と着信時に使う電話回線は必ずしも一致しません。

いくつか例を上げて説明しましょう。

(例1) 着信は部署の代表番号、発信は会社の代表番号

01-%e7%9d%80%e4%bf%a1%e3%81%af%e9%83%a8%e7%bd%b2%e3%81%ae%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e7%95%aa%e5%8f%b7%e3%80%81%e7%99%ba%e4%bf%a1%e3%81%af%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e7%95%aa%e5%8f%b7

  • 着信 xx-xxxx-2222 部署の代表番号
  • 発信 xx-xxxx-1111 会社の代表番号

(例2) 着信は部署の代表番号、発信はIP電話の050番号

02-%e7%9d%80%e4%bf%a1%e3%81%af%e9%83%a8%e7%bd%b2%e3%81%ae%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e7%95%aa%e5%8f%b7%e3%80%81%e7%99%ba%e4%bf%a1%e3%81%afip%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e3%81%ae050%e7%95%aa%e5%8f%b7

  • 着信 xx-xxxx-2222 部署の代表番号
  • 発信 050-xxxx-xxxx IP電話

通話料を節約するために、050番号のIP電話を使って優先的に発信する設定をしているケースですね。

(例3) 着信は部署の代表番号、発信はモバイルジャックの090番号

03-%e7%9d%80%e4%bf%a1%e3%81%af%e9%83%a8%e7%bd%b2%e3%81%ae%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e7%95%aa%e5%8f%b7%e3%80%81%e7%99%ba%e4%bf%a1%e3%81%af%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%83

  • 着信 xx-xxxx-2222 部署の代表番号
  • 発信 090-xxxx-xxxx モバイルジャックの携帯電話

携帯電話へかけるときは、通話料を節約するためにモバイルジャックを優先的に使う設定にしているケースです。

(例4) 着信はFAX番号、発信は代表番号

04-%e7%9d%80%e4%bf%a1%e3%81%affax%e7%95%aa%e5%8f%b7%e3%80%81%e7%99%ba%e4%bf%a1%e3%81%af%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e7%95%aa%e5%8f%b7

  • 着信 xx-xxxx-2222 FAX番号
  • 発信 xx-xxxx-1111 代表番号

でも通常は着信と発信の電話番号を合わせる

複数の電話回線を収容するビジネスフォンですが、通常は着信と発信の電話番号を合わせることのほうが多いです。

その場合、ビジネスフォンに収容する電話回線は次のいずれかにする必要があります。

代表ダイヤルイン契約をしたINS64回線

05-%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%a5%91%e7%b4%84%e3%82%92%e3%81%97%e3%81%9fins64%e5%9b%9e%e7%b7%9a

上の図では、代表ダイヤルイン契約をしたINS64回線を2本、ビジネスフォンに収容しています。

  • xx-xxxx-1111 INS64回線・代表ダイヤルイン・契約番号・親番号
  • xx-xxxx-2222 INS64回線・代表ダイヤルイン・契約番号・子番号

ダイヤルイン契約をしたINS1500回線

06-%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%a5%91%e7%b4%84%e3%82%92%e3%81%97%e3%81%9fins1500%e5%9b%9e%e7%b7%9a

上の図では、ダイヤルイン契約をしたINS1500回線を1本、ビジネスフォンに収容しています。

  • xx-xxxx-1111 INS1500回線・代表ダイヤルイン・契約番号
  • xx-xxxx-2222 INS1500回線・代表ダイヤルイン・追加番号

ISDNとして収容したIP電話

07-isdn%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e5%8f%8e%e5%ae%b9%e3%81%97%e3%81%9fip%e9%9b%bb%e8%a9%b1

上の図では、IP電話をVOIPゲートウェイでISDN相当の回線に変換後、ビジネスフォンに収容しています。

  • xx-xxxx-1111 ISDN回線(INS64/INS1500相当)・代表ダイヤルイン・契約番号
  • xx-xxxx-2222 ISDN回線(INS64/INS1500相当)・代表ダイヤルイン・子番号(もしくは追加番号)

LAN直収したIP電話

08-lan%e7%9b%b4%e5%8f%8e%e3%81%97%e3%81%9fip%e9%9b%bb%e8%a9%b1

上の図では、ひかり電話などのIP電話をLAN直収でビジネスフォンに収容しています。

LAN直収したIP電話は必然的にダイヤルインでの動作になります。

  • xx-xxxx-1111 契約番号・親番号
  • xx-xxxx-2222 追加番号

これらの形でビジネスフォンに収容すれば、相手に通知する電話番号をビジネスフォン側で設定できるので、着信と発信の電話番号の辻褄をあわせることができるのです。

アナログ回線だとビジネスフォンで発番号の設定ができない

09-%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%83%ad%e3%82%b0%e5%b1%80%e7%b7%9a%e3%81%a0%e3%81%a8%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3%e3%81%a7%e7%99%ba%e7%95%aa%e5%8f%b7%e3%81%ae%e8%a8%ad

アナログ回線をビジネスフォンに収容している場合は、発番号の設定をビジネスフォン側で行うことができません。

あくまでも回線の契約、もしくはVOIPゲートウェイ側の発番号設定に依存するしかありません。

発番号の契約例/設定例 代表番号を通知する場合

  • xx-xxxx-1111 発番号xx-xxxx-1111
  • xx-xxxx-2222 発番号xx-xxxx-1111

発番号の契約例/設定例 それぞれの電話番号を通知する場合

  • xx-xxxx-1111 発番号 xx-xxxx-1111
  • xx-xxxx-2222 発番号 xx-xxxx-2222

最後に

ビジネスフォンには多種多様の電話回線を収容できるので、着信と発信で同じ電話回線を使うとは限りません。

着信履歴を見て折り返しても、必ずしも発信元につながるというわけではない、ということを認識しておきましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280