網同期(クロック)用の基板(パッケージ)~ビジネスフォン・PBXに収容したINS64回線やINS1500回線の網同期(クロック)信号を受信するために必要と鳴る基板~

基板(パッケージの種類)

網同期(クロック)用の基板(パッケージ)はINS64回線やINS1500回線などのISDN回線からの網同期(クロック)信号を受信してデジタル網との同期をとるときに必要となる基板です。

スポンサーリンク

INS64回線やINS1500回線などのISDN回線は網同期(クロック)信号が必須

INS64回線やINS1500回線などのいわゆるISDN回線は局からの網同期(クロック)信号で局と端末間で同期を取る必要があります。

網同期(クロック)を正常に取れない状態でISDN回線をビジネスフォン・PBXに接続すると次のようなことになります。

  • 使い続けているうちに突然、発着信ができなくなる
  • PHSと併用している場合、PHS端末が正常に使えなくなる

IP電話のBRI接続(INS64回線相当)やPRI接続(INS1500回線相当)の場合は網同期(クロック)信号の取り方が異なってくる

IP電話をVOIPゲートウェイ経由でBRI接続(INS64回線相当)やPRI接続(INS1500相当)するときにも網同期(クロック)信号が必要となります。

しかしIP回線はIPネットワークを経由するので、通常のISDN回線のように網同期(クロック)信号を取ることができないことがあります。

この場合次のような形で網同期(クロック)信号をとります。

  • IP電話とは別にISDN回線を別途ビジネスフォン・PBXに接続し網同期(クロック)信号の供給を受ける
  • VOIPゲートウェイからビジネスフォン・PBXに網同期(クロック)信号を供給する
  • 別途用意したISDN回線からVOIPゲートウェイに網同期(クロック)信号を供給後、ビジネスフォン・PBXにも網同期(クロック)信号を供給
  • ビジネスフォン・PBXが自ら網同期(クロック)信号をつくりだし、VOIPゲートウェイに網同期(クロック)信号を供給する

網同期(クロック)用の基板(パッケージ)は大規模容量タイプのPBXで使われることが多い

網同期(クロック)用の基板(パッケージ)は中小容量タイプのビジネスフォンやPBXではなく、主に大規模容量タイプのビジネスフォン・PBXで使われます。

中小容量タイプでは網同期(クロック)を受信するための専用の基板(パッケージ)が用意されていないケースのほうが多かったりします。

代わりにCPUやINS64回線用の基板、あるいはINS1500回線用の基板が網同期(クロック)信号を受信して同期をします。

網同期(クロック)用の基板(パッケージ)を実装する場合は二重化するケースが多い

網同期(クロック)信号は重要な役割を担っているため万が一に備えて基板を二重化することが多いです。

片側の基板が故障しても、もう片側の基板に自動的に切り替わるので、その間に代替基板に差し替えることで、完全に網同期(クロック)を受信できなくなる状態を回避することができるからです。

網同期(クロック)用の基板(パッケージ)によく付けられる型番

  • CLK
  • CLKD
  • CK

最後に

ビジネスフォン・PBXにとって網同期(クロック)信号の同期をとることは非常に重要です。

同期が外れてしまうとISDN回線やPHSなどが利用不能になってしまうことがあるので、網同期(クロック)用の基板(パッケージ)は常に二重化しておくことをおすすめします。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280