迷惑電話着信拒否~ビジネスフォン・PBXへの迷惑電話の着信を拒否~

ビジネスフォン・PBXに収容している電話回線へかけてきた迷惑電話の着信を拒否します。

スポンサーリンク

ナンバーディスプレイ契約した電話回線をビジネスフォン・PBXに収容する必要がある

迷惑電話の電話番号をビジネスフォン・PBXの迷惑電話リストに登録することで、その電話番号からの着信を拒否することができます。

この機能を利用するためにはかけてきた相手の電話番号が識別できる電話回線をビジネスフォン・PBXに収容する必要があります。

  • ナンバーディスプレイ契約をしたアナログ回線
  • INS64回線
  • INS1500回線
  • ナンバーディスプレイ契約をしたIP電話(ひかり電話、KDDI光ダイレクト、050番号など)

迷惑電話着信拒否の登録操作例1(通話中の相手を迷惑電話に登録する場合)

1.外線通話中に迷惑電話ボタンを押す

外線通話している相手を迷惑電話に登録するために、ファンクションキーに割りつけられた迷惑電話ボタンを押下。

外線通話している最中に多機能電話機のファンクションキーに割り付けられた迷惑電話ボタンを押します。

2.通話中の相手の電話番号が迷惑電話リストに登録される

迷惑電話ボタンを押下すると、通話中の相手の電話番号を迷惑電話リストの空きメモリに順番に登録します。

迷惑電話ボタンを押下すると、通話中の相手の電話番号を迷惑電話リストの空きメモリの若番から登録します。

迷惑電話着信拒否の登録操作例2(着信履歴から迷惑電話に登録する場合)

1.多機能電話機の着信履歴ボタンを押す

多機能電話機の着信履歴ボタンを押下。

多機能電話機についている着信履歴ボタンを押します。(もしくはファンクションキーに割りつけた着信履歴ボタンを押す)

2.迷惑電話に登録する着信履歴を選択する

迷惑電話に登録したい着信履歴を選択後、ファンクションキーに割りつけられた迷惑電話ボタンを押下。

迷惑電話に登録したい着信履歴を選択後、ファンクションキーに割りつけられた迷惑電話ボタンを押します。

3.選択した着信履歴の電話番号が迷惑電話リストに登録される

迷惑電話ボタンを押下すると、選択中の着信履歴の電話番号から迷惑電話リストの空きメモリに順番に登録します。

迷惑電話ボタンを押下すると、選択中の着信履歴の電話番号から迷惑電話リストの空きメモリの若番に登録されます。

迷惑電話着信拒否の登録操作例3(手動で迷惑電話の電話番号をダイヤルして登録)

1.迷惑電話ボタンを押す

ファンクションキーに割りつけられた迷惑電話ボタンを押下。

多機能電話機のファンクションキーに割りつけられた迷惑電話ボタンを押します。

2.迷惑電話の電話番号をダイヤル

迷惑電話として登録する電話番号をダイヤル。

迷惑電話に登録したい電話番号をダイヤルします。

3.迷惑電話ボタンを押して迷惑電話リストに登録する

迷惑電話ボタンを押下すると、迷惑電話リストの空きメモリに順番に登録します。

迷惑電話ボタンを押して決定すると迷惑電話リストの空きメモリの若番に登録されます。

迷惑電話着信拒否の動作概要

1.迷惑電話として登録した相手から外線着信する

迷惑電話として登録された相手から着信する。

迷惑電話リストに登録した電話番号「090-xxxx-xxxx」から外線着信します。

2.迷惑電話として登録しているので外線着信しません

迷惑電話として登録されているので着信せずに、相手にはビジートーン(ツー・ツー・ツー・・・)を送出します。(もしくは呼びっぱなし)

「090-xxxx-xxxx」から外線着信しても迷惑電話として登録されているので外線着信しません。

かけてきた相手には次のような対応になります。

  • かけてきた相手には話中音(ビジートーン)が送出される
  • 呼びっぱなし状態になるが外線着信はしない

音声ガイダンスを送出することもできます

迷惑電話として登録されているので着信せずに、相手には音声ガイダンスを送出する。(例:お客様の電話番号からは都合によりおつなぎすることができません。)

かけてきた相手に迷惑電話着信拒否している旨の音声ガイダンスを送出することもできます。

  • (例)お客様の電話番号からは都合によりおつなぎすることができません

最後に

迷惑電話着信拒否機能は古いビジネスフォン・PBXではまず対応していません。

中古のビジネスフォン・PBXを導入して迷惑電話機能の利用を検討されるのであれば、比較的新しい機種を選択する必要があります。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280