集中着信~社内の在席者が少ないときに特定の内線電話機に外線着信を集約~

集中着信

社内に在席している人数が少ない時に、特定の内線電話機に外線着信を集中させることができます。

スポンサーリンク

在席者が少ない時に

  • 社内の在席している人数が外線着信する本数よりも少ない
  • 1人しかいないので複数の外線が着信すると対応しきれない時

このようなときに集中着信機能を利用することで、特定の内線電話機に外線の着信を集約させることができます。

集中着信ボタンに着信を集約

集中着信を利用するとすべての外線の着信を多機能電話機のファンクションキーに割りつけられた集中着信ボタンに着信させ、受話器を上げるだけで応答できる状態になります。

集中着信ボタンで通話中の時には、新たな外線着信を受け付けることはありません。相手には話中音(ビジートーン)を送出します。

集中着信の動作概要

1.多機能電話機のファンクションキーに割りつけた集中着信ボタンを押して集中着信を開始する

集中着信を設定するために、集中着信ボタンを押下します。動作中は集中着信ボタンのランプが点灯状態になります。

集中着信は多機能電話機のファンクションキーに割り付けられた集中着信ボタンを押して利用します。

  1. 多機能電話機のファンクションキーに割り付けられた集中着信ボタン(ランプ消灯中)を押す
  2. 集中着信ボタンのランプが消灯から点灯状態にかわり集中着信が開始される

2.すべての外線着信が集中着信ボタンに着信し、2本目以降の着信には話中音(ビジートーン)を送出

集中着信動作中の外線着信は集中着信ボタンに着信します。

集中着信ボタン点灯中はすべての外線着信が集中着信ボタンに着信します。

2本目以降の着信には話中音(ビジートーン)を送出します。

3.受話器を上げて応答、通話状態になる

受話器を上げると応答・通話状態になります。

集中着信ボタンに着信しているときに受話器を上げると着信に応答、通話状態になります。

集中着信ボタンで通話をしているときに外線着信しても話中音(ビジートーン)を送出して外線着信することはありません。

4.集中着信を解除するときは再度集中着信ボタンを押す

集中着信を解除するときは、再度集中着信ボタンを押下して、集中着信ボタンのランプ状態が点灯→消灯状態になるのを確認します。

集中着信を解除するときは、再度集中着信ボタンを押下して、集中着信ボタンのランプ状態が点灯→消灯状態になるのを確認します。

最後に

集中着信は集中着信動作中の内線電話機に着信を集中させるときに使用します。

社内の在席状況の増減が多い場合に有効な機能です。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280