電話回線を新たに引きたい

事務所を開設する際などに電話回線を新たに引きたい場合にはいくつかの選択肢があります。

  1. 電話加入権を新たに購入し、電話回線を開通
  2. 電話加入権は購入せずに、加入電話・ライトプランで電話回線を開通
  3. ひかり電話などのIP電話サービスを利用する
スポンサーリンク

1.電話加入権を新たに購入し、電話回線を開通

電話加入権を新たに購入し、電話回線を開通

必要な電話回線の本数分だけ、電話加入権を購入し電話回線を開通させます。

電話加入権は1回線につき36,000円(税抜き)となっています。

本数分だけ用意するとなると結構な金額が必要となります。

ただし、これはあくまでもNTTで購入した場合の金額です。

電話加入権の売買を行っている業者から購入すれば1回線あたり数千円で入手することも可能です。

2.電話加入権は購入せずに、加入電話・ライトプランで電話回線を開通

電話加入権は購入せずに、加入電話・ライトプランでで電話回線を開通

電話加入権を購入せずに、加入電話・ライトプランを利用して電話回線を開通します。

加入電話・ライトプランは電話加入権が不要であるかわりに、月額基本料金が250円(税抜き)が上乗せされるプランです。

複数年にわたって長期的に使用する予定がない、あるいはひかり電話などのIP電話サービスにすぐに切り替える予定がある、といったケースでは加入電話・ライトプランで十分ではないでしょうか。

3.ひかり電話などのIP電話サービスを利用する

ひかり電話などのIP電話サービスを利用する

ひかり電話などのIP電話サービスを利用すれば、電話加入権を購入する必要はありません。

ただし、ネット回線の開通が前提条件となりますので、通常の一般加入電話に比べて開通までに時間がかかります。

すでにネット回線が開通しているのであれば、ネット回線やプロバイダに対応しているIP電話サービスを申し込みをすることで電話も利用できるようになります。

最後に

一口に電話回線といっても、今では電話加入権はあってもなくてもいいような状況になってきています。

特にひかり電話などのIP電話サービスの普及が進んできていることから、電話加入権そのものの存在意義が失われつつあります。

新たに電話回線を引きたい、あるいは今ある電話回線の本数を増強したい、など状況に応じて電話回線の開通方法も変わってきます。

まずは現状の電話回線の契約状況はどうなっているのか、最終的にどのように運用したいのか、など確認してから開通手続きを行うようにしましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280