電話/FAX自動切替~FAXからの受信信号をビジネスフォン・PBXで自動的に識別、指定した内線FAXに自動接続~

FAXからビジネスフォン・PBXに収容している電話回線に着信した時に、一般内線として接続された内線FAXに自動的に着信させます。

スポンサーリンク

電話/FAXの着信信号をビジネスフォン・PBX側で自動判別

FAX以外の電話番号(たとえば会社の代表番号)に外部のFAXからの送信を受けたとしましょう。

外線着信鳴動するので内線電話機から着信に応答すると、受話器から「ピー」というFAX信号が受話器から聞こえてきます。

通話ができないので大抵の場合はそのまま通話を切ってしまいます。

もちろんそんな状態では相手のFAXの送信は完了しませんから、FAXの自動再送機能が働いて、一定時間ごとに送信を行います。

電話機で応答してから、手動でFAX番号へ転送することも可能ですが、誤送信の頻度が多いケースでは、いちいち応答して転送操作を行うのもわずらわしいことでしょう。

電話/FAX自動切換の機能を利用すれば、FAXから送信されてくるCNG信号を自動的に検知し、FAXが接続されている一般内線回路に自動的に着信をさせることが可能となります。

電話/FAX自動切替の動作概要

1.外部のFAXからこちらの代表番号に向けてFAXを送信

相手のFAXがこちらの代表番号に向けて原稿を送信します。

外部のFAXがこちらの代表の電話番号に向けて原稿をFAX送信します。

2.ビジネスフォン・PBXが相手FAXからのCNG信号を自動検知

ビジネスフォン主装置もしくはPBXがFAXからの信号(CNG信号)を自動的に検知します。

外部のFAXから送信された信号(CNG信号)をビジネスフォン・PBXが自動的に検知します。

3.CNG信号検知後、内線FAXに自動的に接続

FAXからの信号(CNG信号)検知後、FAXが接続されている一般内線回路に着信を接続し、無事にFAXからの信号(CNG信号)を受信します。

相手のFAXからの信号(CNG信号)検知後、FAXが接続されている一般内線回路に着信を接続し、無事にFAXからの信号(CNG信号)を受信します。

最後に

電話/FAX自動切替を利用するためにはビジネスフォン・PBXに一般内線としてFAXを接続していることが前提となります。

  • FAXの誤着信が多い
  • FAXと電話を1台で兼用している

このようなケースで電話/FAX自動切替機能はとても役に立ちます。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280