050のIP電話で無料通話!ビジネスフォンに050番号を導入するための5つの構成

050番号のIP電話の無料通話を利用して、ビジネスフォン・PBXの通話料金を削減するための構成についてまとめてみました。

スポンサーリンク

提携プロバイダの050番号同士なら、無料通話ができる

無料通話ができる

IP電話 (050番号) は、インターネットサービスプロバイダー (ISP) が提供しているサービスの1つで、普通の電話回線よりも格安で通話ができます。

ビジネスフォン・PBXに、このIP電話 (050番号) を収容して、発信時に優先的に使用するよう設定しておけば、通話コストの削減が期待できます。

IP電話 (050番号) のメリット

  • 月額基本料金が安い
  • 050番号 から 一般電話回線 への通話料金が安い
  • 050番号 から 携帯電話 への通話料金が安い
  • 050番号 から 海外 への通話料金が安い
  • 同じISP同士や、相互提携している 050番号 同士なら通話料が無料

IP電話 (050番号) のデメリット

  • 一般電話回線 から IP電話 (050番号) への通話料金は逆に高くなることがある

各拠点のビジネスフォン・PBXに、IP電話 (050番号) を収容して拠点間の通話が無料に

拠点間の通話に効果を発揮

複数の拠点に事業所がある場合は、各拠点間で専用線を結ぶ代わりに、それぞれの拠点にIP電話 (050番号) を導入する、という方法もあります。

専用線の場合は月額料金固定だが、ランニングコストが高くなることもある

専用線は通話時間に関係なく、月額の料金は固定です。

IP-VPN、インターネットVPNや、専用線サービスなどを使った専用線での接続は、場合によっては、高額なランニングコストを強いられることがあります。機器代や設置費用などの、イニシャルコストもそれなりにかかります。

050番号なら、ランニングコスト、イニシャルコストも安く済む

IP電話 (050番号) であれば、月額料金は数百円~数千円程度で済みますし、同じISP同士であれば、通話料金も無料になります。

初期導入費用も、専用線ほどにはかかりませんので、使い方によっては、専用線の代わりとして、十分に役割を果たしてくれることでしょう。

ビジネスフォン・PBXにIP電話 (050番号) を収容するには?

IP回線(050番号)を収容するには?

IP電話 (050番号) をビジネスフォン・PBXに収容するときは、ほとんどの場合、VOIPゲートウェイを使用します。

VOIPゲートウェイとは、音声とパケットの相互変換を行い、IPネットワークを経由して、通話が出来るように処理をする装置です。

VOIPゲートウェイにも様々な種類があります。

  • アナログ回線
  • INS64回線のT点 相当
  • INS64回線のU点 相当
  • INS1500回線 相当
  • ADSLモデムと一体型
  • ルータと一体型

どの方法が一番ビジネスフォン・PBXに収容しやすいかは、設置状況によって変わりますが、アナログ回線に変換する方法が最も多いでしょう。

IP電話 (050番号) の主な接続方法

【構成1】アナログ回線として接続

VOIPゲートウェイでアナログ回線に変換後、ビジネスフォン・PBXに収容します。

【構成2】INS64回線のT点相当として接続 (BRI接続)

VOIPゲートウェイでINS64回線のT点 (4芯の電話線での接続) 相当に変換後、ビジネスフォン・PBXに収容します。T点として収容するので、DSUは必要ありません。

【構成3】INS64回線のU点相当として接続

VOIPゲートウェイでINS64回線のU点 (2芯の電話線での接続) 相当に変換後、ビジネスフォン・PBXに収容します。U点として収容するので、DSUが別途必要になります。

【構成4】INS1500回線 相当として接続 (PRI接続)

VOIPゲートウェイでINS1500回線 (4芯の電話線での接続) 相当に変換後、ビジネスフォン・PBXに収容します。

【構成5】LANケーブルで接続 (LAN直収)

ルータから直接ビジネスフォン・PBXにLAN直収します。

最後に

IP電話 (050番号) を導入する一番大きなメリットは、やはり無料通話ができることでしょう。

固定電話から無料通話ができる電話回線のサービスは、ありそうで意外となかったりします。

050番号のIP電話は、その無料通話ができる数少ないサービスの一つです。

拠点間、社内間の通話料金を、大幅に削減するのにおすすめです。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280