1.5M系デジタル専用線の基板(パッケージ)~ビジネスフォン・PBX同士を1.5M系デジタル専用線で接続するための基板~

1.5M系のデジタル専用線をこの基板(パッケージ)に接続して使用します。

スポンサーリンク

1.5M系デジタル専用線は光ケーブルで引込後、DSUを経由後は4芯メタルケーブルで基板に接続

  1. 1.5M系デジタル専用線はINS1500回線と同じように光ケーブルで建物まで引きこまれる
  2. 引き込み後の光ケーブルの先には専用のDSUが接続される
  3. DSUから先は4芯のメタルケーブル(銅線)に変換される
  4. 変換後の4芯メタルケーブル(銅線)を1.5Mデジタル専用線の基板(パッケージ)に接続

現在はIPネットワークを利用したVOIPゲートウェイに接続することが多い

以前は1.5M系の専用線サービス(デジタルアクセス1500など)を契約して利用するケースが多かったのですが、現在はIPネットワークを利用したVOIPゲートウェイに接続する機会が多くなっています。

専用線サービスよりもIPネットワーク上でVPN接続したほうがランニングコストが安価だからです。

1.5M系デジタル専用線は1回線で23通話

1.5M系デジタル専用線はINS1500回線と同じく、1回線で同時に23通話可能です。

  • チャネル構成はINS1500と同じ23B+D
  • Bチャネルの通信速度は1チャネルにつき64Kbps
  • Dチャネルの通信速度は64Kbps

1枚の基板(パッケージ)につき1本の1.5M系のデジタル専用線を接続

INS1500回線同様、1.5M系デジタル専用線も基板(パッケージ)1枚につき1回線の接続となっています。

基板(パッケージ)の1枚あたりのポート数はどんなに多くても、32ポートあたりまでとなっているからです。

基板(パッケージ)1枚あたりの通話チャネルが多いのでビジネスフォン・PBXのスロットを節約できる

1.5M系デジタル専用線の基板(パッケージ)はLD専用線、OD専用線に比べて1枚あたりの通話チャネルの数が多いので、ビジネスフォン・PBXの消費スロットを節約するのに向いています。

LD専用線、OD専用線の基板(パッケージ)で23チャネル以上の構成をした場合

  • 8回線用×3枚
  • 4回線用×6枚
  • 2回線用×12枚

1.5M系専用線はデジタル信号なので通話品質が安定している

LD専用線やOD専用線はアナログ信号なので、距離や回線の状態によっては通話品質が大きく左右されることがあります。

1.5M系デジタル専用線はデジタル信号で通信するので、一度同期してしまえば安定した通話品質を得られます。

発信者番号情報を表示できる

1.5M系デジタル専用線は日本国内のINS1500回線に準拠したタイプの接続であれば発信者番号情報の通知が可能となっています。

INS64やINS1500回線のようなデジタル信号を使った局線と1.5M系デジタル専用線でタンデム接続したときには、発信元の局線番号を専用線経由でも相手先に通知することができます。

  • 専用線経由でもどの番号からかかってきたのかがわかる
  • 発信元の番号を通知できるのでコールバックしやすい

お互いの番号が通知されることで、より内線に近い感覚で専用線を利用できます。

ただしT1インタフェースでは発信者番号を通知できない

T1インタフェースはアメリカの1.5M系デジタル専用線の規格です。

残念ながらT1インタフェースでは発信者番号を通知することはできません。

1.5M系デジタル専用線の基板(パッケージ)1枚あたりに接続できる本数

  • 1本

1.5M系デジタル専用線の基板(パッケージ)によく付けられる型番

  • DT
  • DTI
  • PRI
  • PRIU
  • PRIT
  • PRT

最後に

1.5M系デジタル専用線の基板(パッケージ)は全国展開されているような大規模な事業所の本社のビジネスフォン・PBXに実装させるケースが多いようです。

「専用線サービス+DSU」の組み合わせから「IPネットワーク+VOIPゲートウェイ」へとシフトしても1.5M系デジタル専用線の基板(パッケージ)は現在も利用され続けています。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280