2芯?4芯?ビジネスフォンのモジュラーケーブルは何を買えばいいの?

ビジネスフォンで使うモジュラーケーブル。

家電量販店に買いに行ったはいいものの、思っていたよりも種類があって、どれを買えばいいのかよくわからない。

とりあえず買ってきたものの、電話機につないでも使えない・・・なんてことのないようにモジュラーケーブルについて説明しましょう。

スポンサーリンク

ビジネスフォンで使う主なモジュラーケーブルの種類

モジュラーケーブルのコネクタの種類

ビジネスフォンで使われるモジュラーケーブルのコネクタの種類は下記の通りです。

%e3%82%b3%e3%83%8d%e3%82%af%e3%82%bf%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e

  • 6極2芯
  • 6極4芯
  • 6極6芯

6極はコネクタの極数を表しており、ケーブルの芯線を接続できる数を表しています。

2芯、4芯、6芯は実際に接続するケーブルの芯線数を表しています。

6極2芯のモジュラーケーブルであれば、ケーブルの芯線数は2芯、モジュラーの先端コネクタ部分には2芯分のみ端子がついています。

ストレートとロールオーバー

コネクタの形状とは別に「ストレート」と「ロールオーバー」の2種類のケーブルがあります。

ストレート

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88

モジュラーケーブルの両端のコネクタの極性が入れ替わることなく、そのままストレートに接続されるケーブルのことです。通常はこのストレートケーブルを利用します。

ロールオーバー

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

モジュラーケーブルの両端のコネクタの極性が入れ替わって接続されるケーブルのことです。極性が入れ替わると使用できなくなる電話機もあるので注意が必要です。

コネクタの種類とストレート/リバースの組み合わせに注意

コネクタの種類で6極2芯、4芯、6芯を選択し、極性の入れ替え有無でストレート、ロールオーバーを選択します。

  • 6極2芯のストレートケーブル
  • 6極4芯のロールオーバーケーブル
  • 6極6芯のストレートケーブル

といった感じです。

「6極2芯」のモジュラーケーブル

6%e6%a5%b52%e8%8a%af%e3%83%a2%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab

6極2芯のモジュラーケーブルは真中の2芯のみ使用できます。

ピンアサインでいうとL1とL2部分に当たります。

ストレートケーブルの場合、L1とL2はそのままストレートに接続されます。

ロールオーバーケーブルの場合、L1とL2は入れ替わって接続されます。

6極2芯を使う電話機

  • 一般電話機
  • FAX ※G4FAXを除く
  • 多機能電話機 ※メーカー・機種による
  • モデム
  • DSU
  • ターミナルアダプタ ※LINEポート、TELポート

「6極4芯」のモジュラーケーブル

6%e6%a5%b54%e8%8a%af%e3%83%a2%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab

6極4芯もモジュラーケーブルは真中4芯を利用できます。

ピンアサインでいうとL1とL2、L3とL4部分に当たります。

ストレートケーブルの場合、L1とL2、L3とL4は入れ替わらずにストレートに接続されます。

ロールオーバーケーブルの場合、L1→L2、L2→L1、L3→L4、L4→L3というふうに入れ替わって接続されます。

6極4芯を使う電話機

  • 多機能電話機 ※メーカー・機種による
  • 停電多機能電話機 ※メーカー・機種による
  • 警備装置 ※警備会社の器械による

6極4芯モジュラーケーブルの使用例

  • 多機能電話機(L1とL2が未使用、L3とL4が多機能ライン)
  • バス配線用の多機能電話機(L1、L2、L3、L4が多機能ライン)
  • 停電多機能電話機(L1とL2が多機能ライン、L3とL4が停電ライン)
  • 警備装置(L1とL2が回線IN、L3とL4が回線OUT)

「6極6芯」のモジュラーケーブル

6%e6%a5%b56%e8%8a%af%e3%83%a2%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%96%e3%83%ab

6極6芯のモジュラーケーブルは6芯すべての芯線を使います。

特殊な端末でしか使うことがないので、家電量販店でも見かけることはないでしょう。

ストレートケーブルの場合、L1とL2、L3とL4、L5とL6は入れ替わらずにストレートに接続されます。

ロールオーバーケーブルの場合、L1→L2、L2→L1、L3→L4、L4→L3、L5→L6、L6→L5というふうに入れ替わって接続されます。

6極6芯を使う電話機

  • DSSコンソール付き多機能電話機 ※メーカー・機種による
  • 中継台 ※メーカー・機種による
  • インターホン付き電話機 ※メーカー・機種による

6極6芯モジュラーケーブルの使用例

  • DSSコンソール付き多機能電話機(L1とL2が多機能ライン、L3とL4が未使用、L5とL6が-48VとGND)
  • 停電用多機能電話機(L1とL2が多機能ライン、L3、L4、L5、L6が停電ライン)
  • 中継台(L1、L2、L3、L4が未使用、L5とL6が中継台ライン)
  • インターホン付き電話機(L1とL2が電話回線用、L3がGND、L4が未使用、L5がインターホン1、L6がインターホン2)

「大は小を兼ねる」モジュラーケーブルの芯線数

「芯線数の多いモジュラーケーブル」は「芯線数の少ないモジュラーケーブル」の代わりに使っても問題ありません。

  • 「6極2芯」の代わりに「6極4芯」→○
  • 「6極4芯」の代わりに「6極6芯」→○

モジュラーケーブルでは「大は小を兼ねる」のです。

結局どのケーブルを買えばいいの?

ビジネスフォンでよく使われるケーブルは「6極2芯」もしくは「6極4芯」のどちらかです。

「6極6芯」のケーブルはめったに使われることがなく、お店でも売っているところは多くありません。

「大は小を兼ねる」ことから「6極4芯」を選択しておけばL3とL4を使う多機能電話機でも使用可能です。

「ストレート」と「ロールオーバー」に関しては、2芯で動作する多機能電話機の多くは極性が入れ替わっても正常に動作する事からどちらを選択してもいいのですが、4芯のバス接続で動作する多機能電話機は極性を正確に合わせる必要があります。

というわけで「6極4芯」「ストレート」のモジュラーケーブルを買えばほぼ間違いありません。

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280